2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 江ノ電散歩 『光則寺まで』 | トップページ | アメリカスモモの花 »

2017年4月 6日 (木)

源氏池の桜(鎌倉鶴岡八幡宮)

4月5日(水) 午前中趣味の例会を楽しんだ後、午後より鎌倉まで出かけ鶴岡八幡宮の

源氏池周りの桜を愛でに行く。いつもの立派な狛犬のある鳥居をくぐり、段葛を散策。

P1200170

段葛は、昨年3月に末に石積みのひび割れ修復や立ち枯れの出た桜を一新し、若木の

桜が観光客を迎えてくれましたが、桜はまだ咲き始めたばかりで寂しい感じがする。

P1200174 P1200173

段葛の並びにあるハトサブレの「豊島屋」建物の鳩の形の窓を眺めたり、雪の下教会の

佇まいの清楚な建物を眺めたりとゆったり散策します。

P1200171 P1200183

鶴岡八幡宮への参道は、下の↓写真のように今日も観光客でいっぱいです。

もちろん外国の方々も大勢参拝している姿を見かけました。

P1200175 P1200190

お目当ての源氏池の桜は、8分咲きでしばし写真を撮るのを忘れ見入ってしまいました。

時間があれば「ぼたん園」にも寄りたかったのですが、今日は対岸から眺めるのみです。

P1200186 P1200185

鎌倉駅より3分の「大巧寺」へ花を愛でに寄り道をする。スミレや清々しい白い花を

咲かせる「リキュウバイ」。白い花と濃い緑の葉のコントラストが好きな私です。この日は、

大安で戌の日でしたので、安産祈願で有名な「大巧寺」境内は、安産を祈願し腹帯を

受ける妊婦さんや家族の方々で長い行列が出来ておりました。

P1200180 P1200184

最後に、東身延と呼ばれる「本覚寺」のしだれ桜の様子を見に立ち寄るが、散り始めた

花は色も薄くなっておりちょっと残念でした。花の下で撮影中の和服姿の女性を発見。

淡い色のしだれ桜と華やかな和服姿の女性の佇まいは、とってもステキでしたよ。

P1200178 P1200187

急ぎ足で鎌倉の桜を愛でた半日でしたが、古都鎌倉での花見はやっぱり至福の時間です

« 江ノ電散歩 『光則寺まで』 | トップページ | アメリカスモモの花 »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

いや~素晴らしい桜見物が出来ましたね。
やはり古都鎌倉の桜時期も魅力たっぷりでした。
昨年ボタン園に行きましたが段葛はシートが掛かっていました。

あすかさん:

ぼたん園の方から、池の周りの桜の眺めは
最高だと知人が話しておりました。
ゆっくり見る時間がなかったので入場料の500円を惜しんでしまいました。
よくばりで「大巧寺」と「本覚寺」にも、立ち寄りたかったので・・・!

我が家のベランダから眺めることの出来る桜も
本日は満開になっており、夫と抹茶を飲みながら桜餅を食べ
花見を楽しみました。cherryblossom

相変わらずの人気ですね、古都鎌倉。
この時期にはやはりサクラでしょうか。
これからはアジサイを始め古都を彩る花たちでまた賑わうことでしょうね。
古都の趣きと喧騒、これは仕方がないのかもしれませんね。

country walkerさん:

やはり桜の季節は、源氏山など桜より人の姿が多いほどの混雑です。
今日から鎌倉まつりなので、より一層の混雑になると思いますよ。
久し振りに祭りも見たいが、混雑を思うと躊躇してしまう此の頃です。

桜は、ワクワク感と共に一抹の侘しさも連れてきますね。cherryblossom

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/70168649

この記事へのトラックバック一覧です: 源氏池の桜(鎌倉鶴岡八幡宮):

« 江ノ電散歩 『光則寺まで』 | トップページ | アメリカスモモの花 »