2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 茅ヶ崎美術館で「自転車の世紀展」を、ワクワク鑑賞 | トップページ | 雪の少なくなった「1本線のベランダ富士山」 »

2017年5月21日 (日)

小田急のんびりハイク「初夏の鎌倉 海と新緑を愛でるコース」

5月20日(土)のんびりハイク&ウオーク「初夏の鎌倉 海と新緑を愛でるコース」に参加。

湘南FUJISAWAコンシェルジュ前にて受付をする。本日は、小田急と江ノ島電鉄合同の

ハイク&ウオークで、スタートは「江ノ電の極楽寺駅」からになります。

 《コース》

湘南FUJISAWAコンシェルジュ前(受付)ー江ノ電🚃ー極楽寺駅(スタート)-稲村ケ崎

ー鎌倉大仏前ー葛原ヶ岡・大仏ハイキングコースー浄智寺ー鶴岡八幡宮ー鎌倉駅西口

関東の駅百選に選ばれている極楽寺駅より駅員さんに「頑張ってください。」との激励を

頂戴してスタート開始。鎌倉の海岸線を、由比ヶ浜と七里ヶ浜に分ける岬の地形が稲束を

積み上げたように見えることがら「稲村ケ崎」の地名が付いたと、鎌倉検定の勉強して覚え

たことを思い出しながら稲村ケ崎公園へ立ち寄る。公園内には、逗子開成中学生のボート

転覆海難事故の慰霊碑がある。本日は、遠くに江の島が霞んで見えた稲村ケ崎です。

太平記には、元弘3年の鎌倉攻めに際し新田義貞が海中に黄金の太刀を投げ入れ

龍神に祈念すると、一気に潮が引き鎌倉に攻め入ることが出きたエピソードもある。

P1200762 P1200782

ここから海岸線をテクテク歩きをして「坂ノ下信号」から鎌倉大仏の方へと向かう。

大仏様を眺めながら水分補給と糖分補給をする。気温が上がり歩くと一気に汗が出る。

P1200763

大仏トンネル手前の長い階段を上り「葛原ヶ岡・大仏ハイキングコース」へ入ると、手強い

アップダウンの尾根道が続く。緑に包まれたハイキングコースです。木の根が階段状に

なった急坂の上り下りなどちょっと深山の自然を満喫できるが、膝痛持ちの私ですので

持参したストックを使用し膝への負担を軽減する。本日は、2つの大きな団体が、大仏

方面からと浄智寺方面からのウオーキングイベントがあり、ハイキングコースは混雑し

譲り合いながらすれ違います。集中して歩くこともあり写真を撮るのを忘れるほど。

P1200781 P1200764

由比ヶ浜の鎮守である「葛原岡神社」は、祭神が日野俊基で明治20年創建の神社。

後醍醐天皇に仕え、倒幕計画に参加したかどでこの場所で殺害されるた日野俊基です。

最近では、境内にある男石・女石に因んで縁結びのスポットとして注目されている。

P1200765 P1200766

山道を降りホッと一息ついた路地。鎌倉らしい雰囲気が漂う昼下がりの北鎌倉です。

P1200767

浄智寺の脇を通り、鎌倉街道に出て鶴岡八幡宮を目指す。静な浄智寺の雰囲気がグッド

P1200768 P1200769

流石に鎌倉街道に出ると観光客も多く、建長寺から鶴岡八幡宮への歩道はラッシュ並み。

P1200771 P1200772

小町通りは、人波に押されながら歩きお目当てのお店で買い物をしゴールの西口へ。

P1200777 P1200774

この後江ノ島電鉄に揺られて帰宅するが、混雑で電車も遅れていました。

途中の「江ノ島駅」では、「真子さまと海の王子」がデートしたであろうと云われる「江の島」

目指す人の多さにビックリ!毎年市のイベントなどに「海の王子・海の女王」が参加。

私もボランティアで参加することが多かったので、すれ違っていたかもしれませんね(笑)

« 茅ヶ崎美術館で「自転車の世紀展」を、ワクワク鑑賞 | トップページ | 雪の少なくなった「1本線のベランダ富士山」 »

小田急ふれあい歩道」カテゴリの記事

コメント

小田急のんびりは今年から全部事前予約になってしまったので予定がたたづ参加出来ませんでした。

江ノ電極楽寺駅と言えばもう6年前になりますが私が脊柱管狭窄症になり一歩も歩けなくなりMRIや新薬投与でまた歩けるようになってから初めてのイベント参加で極楽寺から佐助稲荷ー銭洗い弁天ー北鎌倉ーき鎌倉駅北口ゴールの「小田急のんびりウォーク」でした。その後、5月には鎌倉から江ノ電沿いで江の島まで歩けた嬉しさ、
また歩けるようになったあの時の喜びは一生忘れないと思います。

海の王子さんおめでとうございます。ヽ(^o^)丿

「海の王子」様、この名前が一躍有名になりましたね。
「〇〇の女王」とか「ミス〇〇」は何処でも聞きますが
王子様はここが初めてなのでしょうか?
ボデイビルで鍛えた筋肉マンのコンテストは聞いたことがあります。
女性の割には少なかったイケメン男性のコンテスト。
これからこの様な催しが増えてくるかもしれませんね。

あすかさん:

本当に、元気になられて良かったですね!
この日の大仏ハイキングコースは、尾根道が混雑して大変でした。
私も久し振りに、木の根で出きた長い階段の上り下りは
疲れました。日曜日は、本当のお疲れ休みに・・・・。coldsweats02

「何でもなく歩いていたハイキングコースでしたのに。」と、
ちょっぴり情けなく&今の自分の体力をしっかりと感じた日でした。

coutry walkerさん:

海の女王・海の王子は、藤沢市観光協会主催のコンテストで、
藤沢市の観光PRに携わっております。(市民祭りのパレードなどにも参加します。)
爽やかな若人が多く選ばれていると感じます。

コンテストが開催されて20年ほどになるのかな・・・・?
海の王子様効果で藤沢市の認知度が高くなると良いのですが。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/70621789

この記事へのトラックバック一覧です: 小田急のんびりハイク「初夏の鎌倉 海と新緑を愛でるコース」:

« 茅ヶ崎美術館で「自転車の世紀展」を、ワクワク鑑賞 | トップページ | 雪の少なくなった「1本線のベランダ富士山」 »