2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

« 松の川緑道を歩き「日吉の森庭園美術館」へ | トップページ | 駅ハイ参加は、サクサク歩きでin「大井町~大森」へ »

2017年6月18日 (日)

山種美術館で「花*flower*華ー琳派から現代へー」を鑑賞す

6月17日(土)午後に、山種美術館で18日まで開催の「花*flower*華」展を見に行く。

見に行きたいと思いながら、雑事にかまけてギリギリの鑑賞となってしまいました。

午前中 駅からハイキングJR大井町より「紫陽花を愛で、東海七福神をめぐる」に参加し、

途中で着替え美術館まで直行というスケジュールになり、ゆっくりと鑑賞する時間がありま

せんでしたが、好きな花の絵に囲まれたひと時は、午前の暑さと疲れも忘れてしまう気分

P1210487 P1210486

相変わらず混雑している「JR恵比寿駅」前の「ゑびす像」をパチリcameraと1枚後に出発!

P1210488

前回 駒沢通りの「渋谷橋歩道橋」を渡った後、降りるを反対方向に行ってしまったが、

今回はしっかりと降り、道を間違えずにたどり着き山種美術館の建物を見つけホッと一息

最近年を重ねたからでしょうか?都会の人混みの多さが苦手になり、辿り着くまで時間が

かかるようになりました。私と同じように「開催が明日までなので慌ててきました。」と、

話すジニアの方も多く来館しておりました。

P1210489 P1210491

作品の目録を片手に、お目当ての作品を中心に鑑賞です。横山大観の「山桜」や

奥村土牛の「醍醐」も見事なのですが、季節がら夏の花の作品に目がいきます。

個人的には、小林古径氏のタイトル「白華小禽」の作品が良かったです。

泰山木の白い花・緑の葉・瑠璃色の小鳥雄しべの赤がポイントになり素敵でした。

山口蓬春氏の「梅雨晴」は、紫陽花の花で今の時期にピッタリの作品です。同じ紫陽花が

題材の作品でも高山辰雄氏の題名「緑の影」のように全体が緑におおわれ紫陽花の花に

だけ青みが入っているという独特な作品でした。涼しげな「蓮」や「菖蒲」・「牡丹」の絵に

至福の時を過ごすことが出来ました。日本画の作品が多い中で、梅原龍三郎氏の油彩

「向日葵」には、力強さと元気を貰うひと時でした。花の絵画の競演 本当に楽しかった。

P1210485

« 松の川緑道を歩き「日吉の森庭園美術館」へ | トップページ | 駅ハイ参加は、サクサク歩きでin「大井町~大森」へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私も17日は駅ハイ大井町を歩きましたよ。(笑)
かけ持ちで忙しかったですね。
山種美術館はJR山手線恵比寿駅が近そうですね。
私はあまり絵の方は良く解かりませんが、ここは主に日本画の展示が主な場所と聞いています。
かけ持ちでも花の好きなセロリさんが満足できた一日でしたね。

あすかさん:

コメントありがとうございます!
この展示はぜひ見たいと思っていましたので、帰路は疲れましたが
気分爽快でした。絵の事は良く分りませんが、自分の心に響いたり
それを眺めて元気を貰えるのが好きです。
駅ハイの真鶴の時訪れた「中川一政氏」の絵には、親近感を感じたり
繋がっていると少し嬉しいです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/70898669

この記事へのトラックバック一覧です: 山種美術館で「花*flower*華ー琳派から現代へー」を鑑賞す:

« 松の川緑道を歩き「日吉の森庭園美術館」へ | トップページ | 駅ハイ参加は、サクサク歩きでin「大井町~大森」へ »