2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト
無料ブログはココログ

« 鎌倉三十三観音札所巡り「東慶寺・瑞泉寺」 | トップページ | 横浜の散歩道を歩く~門の歴史をたどる散歩道コース~ »

2017年6月10日 (土)

明月院で今年(2017)もアジサイ鑑賞

6月9日(金) 北鎌倉の明月院まで、花菖蒲とアジサイを見に行く。土日の混雑を避ける

ため平日の9日にしたのですが、北鎌倉駅から明月院まで人の波が繋がっている状態。

皆さんのお目当ては、明月院ブルーといわれる「姫アジサイ」を鑑賞する為です。

P1210315

昨日の雨で少ししっとりとしたアジサイを見ることが出来る。でもアジサイの数より人の

数が多い鎌倉石の参道です。まだ淡く薄いブルーのアジサイも良い感じです。

P1210328 P1210342

2枚の写真を並べると、だんだん色がついてくる過程がわかりますよね~!

P1210314 P1210313

大きな瀬戸物の器に水を張りアジサイを浮かべてあるのも粋な感じで素敵です。

P1210305 P1210332

明月院の撮影ポイント「丸窓」までは長い行列が出来ており、係りの方が「4列に並び

お待ちください。」と何度も声掛けする場面がありました。やっと1枚パチリcamera

P1210312 P1210318

本日は、花菖蒲と紅葉の時期のみ特別公開される「明月院 本堂後庭園」を散策する。

P1210302

8分咲きの「花菖蒲」をゆっくり鑑賞する。アップすると色々な表情を見せる花菖蒲です。

P1210327 P1210341 P1210335 P1210331

お庭には、石のオブジェ「満月と三日月」そしてうさぎ2羽の置物があります。

緑の紅葉を見上げると、グリーンシャワーに癒される感じがして気持ちが落ち着きます。

P1210323 P1210324_2

お洒落な「青地蔵」と「赤地蔵」を眺めていると、混雑も一瞬忘れ「ホッコリ」した気分になる

P1210326_2 P1210325_2

混雑していた「明月院」でしたが、やはりアジサイの時期になると訪れたくなるお寺です。

50年前の若かりし頃、連れ合いと初めてデートした場所の「明月院」です。

« 鎌倉三十三観音札所巡り「東慶寺・瑞泉寺」 | トップページ | 横浜の散歩道を歩く~門の歴史をたどる散歩道コース~ »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

紫陽花、花菖蒲が綺麗な時期になりましたね。
「青」の紫陽花だけが見られる場所は、貴重だと思います。
それだけ土、日が混む理由がわかったような気がします。

このところ、北海道では週末ごとに雨になり、今日も朝から雨が降ったりやんだりです。
北海道でも紫陽花が見られるのですが、6月終わりから花が見られる状態なので、まだ紫陽花の花には出会っていません。
5月連休明けからウォーキングの手伝い、担当が続いていて、今日は”久しぶりの”休養日。溜まっていた疲れが一気に出て、家でのんびりしてます。
月末には「札幌ツーデーウォーク」を控えているので、明日からまた忙しくなりそうです。

混雑は分かっていても此の時期には訪れてみたくなる明月院。
混雑を承知で出かける有名寺社への初詣と同じかも?
でもアジサイが見事です。
自分も鎌倉近くに居住していれば混雑覚悟で出かけているかもしれません(笑)

初デートの場所ですか! ご馳走様! (笑)
良いですよね明月院は!
淡いブルーも新鮮味があり魅力的です。
終盤になると濃いブルー色になるアジサイで毎年引かれて参拝する人が多い場所ですね。
混雑していても時期には時期ものです。

のりちゃん:

コメントありがとうございます!
明月院のアジサイは、ほとんどが通称明月院ブルーと云われる
姫アジサイで境内が埋め尽くされています。
この時期は、明月院の場所が分からなくとも人の波に
付いて行けば「明月院」まで行くことが出来ると云われるほどの
人気があるお寺なんです。

もうすぐ「札幌ツーデーウオーク」 のりちゃんも忙しい日々になりますね。
先日お会いした横浜のウオーカーさんも参加すると話しておりましたよ。
お天気に恵まれる事を祈っています。

country walkerさん:

大勢のカメラマンさんが訪れる「明月院」です。
2台のカメラを使用しながら連写している方もおられました。
また丸窓を写す為の長い行列にビックリ!

鎌倉三十三観音札所にもなっているので、御朱印を頂くため
また行列の後ろに並びました。私の後ろに並んだ「御朱印女子」は
小学生の皆さんでしたので又もやビックリ。
ブームなんでしょうか?

あすかさん:

明月院のあじさいは、私達夫婦の記憶が正しければ
戦後 参道を整備する時物資が少なく杭の代わりに
比較的手入れが楽だからという事であじさいを植えたのが始まりだと
お聞きしたことがあります。

今では毎年剪定したアジサイを植木鉢に挿し木をして(約300鉢)1年間育て
山の畑におろして挿し木から4~5年で境内に移すという手入れをしているとか・・・?
そのおかげで毎年キレイな明月院ブルーを楽しむことが出来るのですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/70818030

この記事へのトラックバック一覧です: 明月院で今年(2017)もアジサイ鑑賞:

« 鎌倉三十三観音札所巡り「東慶寺・瑞泉寺」 | トップページ | 横浜の散歩道を歩く~門の歴史をたどる散歩道コース~ »