2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ

« 我が家のベランダから定点観測の富士山 | トップページ | 鎌倉三十三観音巡り(第16番九品寺・第17番補陀落寺) »

2017年8月19日 (土)

鎌倉三十三観音巡り(第14番来迎寺・第15番向福寺)

8月17日(木) しばらく休んでいた「鎌倉三十三観音霊場巡りを、再開しました。

初夏の暑さと、その後の長雨ですっかりご無沙汰してしまった鎌倉の寺社巡りです。

まず真っ赤な「アメリカフヨウ」が境内のお庭にに咲いていた第15番札所の「向福寺」へ。

P1220153

通常本堂は閉め切られていますが、鎌倉三十三観音お詣りですと御朱印をお願い致し

ましたら、「聖観音さま」を拝観できるようにと本堂の戸を開けてくださいました。happy01

鎌倉検定の問題に、【「丹下左膳」で有名な林不忘がお寺の一室を借り、新婚生活を

送った寺は、何処か?】で、正解がこの時宗の寺「向福寺」だったことを思い出しました。

P1220152 P1220154_2

鎌倉三十三観音第15番札所「向福寺」の御朱印と、第14番札所「来迎寺」の御朱印です

P1220169

来迎寺は、平家討伐の戦いで討ち死にした三浦大介義明の菩提を弔うために源頼朝が

建てたと云われる。当時は、真言宗能蔵寺でしたが、1335年に音阿上人が時宗に改宗

「来迎寺」となる。三浦衣笠城主義明は89歳で戦死したが、頼朝は17回忌まで義明が

生きたものとみなすよう伝えたため「百六つ義明公」とも呼ばれた。⇒検定過去問にありP1220150 P1220151

材木座の住宅街に建つ「来迎寺」は、子育て観音さまもあり庶民の寺として親しまれている

境内の「玉すだれ」の花・・・真っ白な花が、清楚で可憐な感じでちょっぴり涼しさを感じる。

P1220174

材木座の鎮守「五所神社」にも、寄り道し参拝しました。例祭(乱材祭)で鎌倉天王謡に

合わせて担ぐ神輿が、材木座海岸で海上渡御することでも有名な五所神社です。

P1220149

« 我が家のベランダから定点観測の富士山 | トップページ | 鎌倉三十三観音巡り(第16番九品寺・第17番補陀落寺) »

古都鎌倉史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

久々の鎌倉三十三観音めぐりでしたね。
丹下左膳の作者林不忘が居たお寺もあるのですね。
鎌倉には多くの神社仏閣があるのでそれなりの歴史の探訪が楽しみですね。
タマスダレの白い花は以前行った東慶寺にも沢山咲いていたことを思い出しました。

あすかさん:

いつもコメントありがとうございます!
こちらのお寺さんは、住宅街の中にあり比較的観光客の少ない
お寺になります。「丹下左膳」を知っている人は本当に少なくなりましたよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/71466680

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉三十三観音巡り(第14番来迎寺・第15番向福寺):

« 我が家のベランダから定点観測の富士山 | トップページ | 鎌倉三十三観音巡り(第16番九品寺・第17番補陀落寺) »