2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

« 夏の終わりに、茅ヶ崎美術館で動物達の絵を鑑賞 | トップページ | 東海道線藤沢駅よりひと駅ウオーキングして「関ヶ原」を鑑賞する。 »

2017年9月17日 (日)

鶴岡八幡宮の例大祭

P1220403 P1220408

9月14日より鎌倉の鶴岡八幡宮で例大祭が、執り行われました。15日に、用事があり

大船へ出かけたので、鎌倉まで足を延ばし午後1時より行われた「神幸祭」を、見物する。

鶴岡八幡宮への参道である段葛も、お祝いムードでちょっと気分高揚する私です。

先ずは、喧噪している境内を通り抜け鶴岡八幡宮本宮へと向かいお参りしました。

「神幸祭」は、宮司以下神職が境内内にある「宇佐神宮遥拝所」にて八幡宮の総本社

宇佐神宮(大分県・八幡大菩薩の称号を持つ)に向け遥拝の神事を執り行い出発です。

P1220405 P1220407

県重要文化財に指定されている神輿三社を含め、宮司以下の神職・錦旗・神馬・太鼓

盾・弓矢・提灯などからなる百メートルほどの古式ゆかしい行列です。

P1220411 P1220413 
P1220414 P1220415

白丁姿の担ぎ手により神輿が粛々と練り歩く様子も、鎌倉の「神幸祭」ならではの風景!

P1220419 P1220416

P1220417 

最終日の16日には、境内の流鏑馬馬場で弓馬術礼法小笠原流一門の「流鏑馬神事」が

奉納されます。何年か前には見物しましたが、古都鎌倉にふさわしい光景でした。
P1220418 P1220420

「流鏑馬神事」が、奉納される流鏑馬馬場(砂土が盛られてる)の様子を1枚パチリ。 

P1220404

沿道にて神職によるお祓いのしていただき、夏の疲れを癒し頑張ろうと思った午後です。

P1220412

« 夏の終わりに、茅ヶ崎美術館で動物達の絵を鑑賞 | トップページ | 東海道線藤沢駅よりひと駅ウオーキングして「関ヶ原」を鑑賞する。 »

鎌倉歳時記散歩」カテゴリの記事

コメント

地元の神社のお祭は台風の影響で中止になりました。
鎌倉八幡宮のお祭は通常の賑やかなお祭とは違い粛々とした時代絵巻が見ものですね。
SNSの有難み セロリさんのご報告で見学した気分になれました。

先日のTOKYOウォークで山歩きの後、チェックポイント手前の平地でつまずきコケました。(;´・ω・)
右手小指がまだ痛く神社での拍手かうてません。

あすかさん:

鶴岡八幡宮の例大祭は、お神輿も派手に担ぐのではなく
粛々と行列が進む感じでした。
緑の着物姿の乙女たちの「八乙女の舞」もなかなか良かったです。

境内にある柳原神池のほとりでは、神職と巫女による鈴虫も
放生される鶴岡八幡宮の例大祭です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴岡八幡宮の例大祭:

« 夏の終わりに、茅ヶ崎美術館で動物達の絵を鑑賞 | トップページ | 東海道線藤沢駅よりひと駅ウオーキングして「関ヶ原」を鑑賞する。 »