2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ

« 相州白旗神社の牛若まつり | トップページ | バルンアートは「アンパン」でしたが、出来ばえは・・・? »

2018年5月 6日 (日)

蕾が金平糖の様な「カルミア」

5月6日(日)  思わず食べてくなってしまいそうな可愛い形状の「カルミア」のつぼみ。

本日のゆっくり散策の途中、花壇に咲いていたカルミアは、お菓子の金平糖のような

蕾が特徴で北アメリカ東部原産の花です。ハナガサシャクナゲとも呼ばれています。

Photo 

「カルミア」は蕾から花が咲くと、花びらの内側の赤点がチャームポイントになりますね~!

Photo_2 

エリゲロン・カルビンスキアヌスも北アメリカ原産の花。源平小菊と呼ばれ四季咲きです。

咲き始めが白く段々ピンク色に変わり、紅白の花が咲いている様子で「源平小菊」と

呼ばれるようになったようですよ。今日も、身近に見かける小さな花を愛でて歩きました。

Photo_3

« 相州白旗神社の牛若まつり | トップページ | バルンアートは「アンパン」でしたが、出来ばえは・・・? »

花を愛で散策」カテゴリの記事

コメント

短いお散歩コース中でも毎回珍しい花々にお目にかかれ楽しくなりますね。
舌を噛みそうな難しい名前も日本名になると「なるほどうまく付けたものだ」と
関心しながら眺めてます。(笑)

あすかさん:

本当に食べたくなるくらい可愛い蕾の「カルミア」です。
私も、エリゲロン・カルビンスキアヌスなかなか覚えられませんが、
呼び名の「源平小菊」の名前を聞いた時ピッタリと思いましたよ。

本当に短い散歩道ですが、あちらこちらの路地を探検してます。

源平桃は知っておりますが源平小菊は全く知りません。
紅白で咲き分けの花は華やかになりますね。
前回のコメントにありましたピカピカの泥団子、子供が幼いころ何かのイベントに参加し、出来上がりを見てビックリしたことを覚えております。

お疲れ様です。「カルミア」の花歩いている時に見かけたことがあります。
これが「カルミア」だったのですね。今は、色々な花が咲いていますね。
それと、「牡丹の花」。大きくてきれいですね。

飯田では、礼子さんがご夫婦で参加されていましたよ。

country walkerさん:

コメントありがとうございます。
源平小菊・・・四季咲きで、最近多く見かけます。
普段見過ごしてしまいそうな小ぶりの花なんですよ。

泥団子 ピカピカになるのにびっくりですよね~。
子供達は、真剣にそして楽しんで作業していました。notes

よっくんさん:

飯田のブログも楽しく拝見しておりますよ。
この大会には、藤沢の方々の参加が多い大会です。
礼子さん・・・相変わらずお元気だったのでは?

よっくんさんご夫妻も、全国各地にお友達も増え参加の楽しみも多くなりましたね。
またお二人共表彰なされておめでとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1606066/73437150

この記事へのトラックバック一覧です: 蕾が金平糖の様な「カルミア」:

« 相州白旗神社の牛若まつり | トップページ | バルンアートは「アンパン」でしたが、出来ばえは・・・? »