2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

2019年3月31日 (日)

純白の利休梅がキレイな大巧寺

 妙本寺で、「海棠」「ソメイヨシノ」を愛でて春を満喫した後、本覚寺と大巧寺に足を延ばす。

本覚寺のお枝垂れ梅は、もう散ってしまい残念でしたが七福神の夷神をお詣りす。

P1250968  P1250967

本堂の改修もすっかり終わり、東身延とも呼ばれる本覚寺の清々しい本堂にもご挨拶!

P1250988

曇天でも、純白の利休梅で大巧寺の本堂前だけがパッと明るく感じます。

境内には、お礼詣りをなさっている赤ちゃんと若いパパ・ママの姿もあり

この大きな利休梅の前で、記念撮影もしておりましたよ。

若いママに、「大変だけど頑張ってね~。」心でエールを送る。

P1250977

境内の庭には、小さな花々が咲き乱れておりましたがパッと見についたのは、

鮮やかな黄色の花の形が印象的なペチコートスイセンです。

地中海沿岸地方原産の花でスカート状の形に目が魅かれましたよ。

前に箱根の湿生花園で見たことのある花です。

P1250979  P1250980

鶴岡八幡宮参道の段葛の若い桜は、まだ数輪咲いているだけで残念。

小町通りは、相変わらず大勢の観光客で溢れていました。

TVで食べ歩きに関する話題が放映されていましたが、外国からの観光客をを中心に

大勢の方が食べ歩きを楽しんでいる様子がうかがえました。

2019年3月30日 (土)

満開の桜に春を満喫

海棠を愛でに行った妙本寺では桜も満開で、まさに「春爛漫」の境内でした。

P1250991

前撮り写真を、作成中のカップルさん達も嬉しそう&満足げな様子でしたよ。

「お幸せに!」と心の中でエールを送ります。💓

P1250990

それを眺めている「日蓮さま」も柔和なお顔で見守っている様子です。

濃いピンクの海棠とは違ったソメイヨシノの上品な色合いも素敵・・・・

樹の下でゆっくり満開の「ソメイヨシノ」を眺めながら「感謝」の文字が浮かぶ。

昨年は、「手首の複雑骨折」により体のバランスを崩す&膝関節症で

鎌倉まで電車を乗り継いでくるのが大変でした。(時間は短いが乗換時の

階段の上り下りが難関でした。)

P1250989

今年は、しっかりと歩いて満開の桜を眺めることが出来、本当に嬉しい散策になりました。

 

鎌倉 妙本寺の「海棠」を愛でる散策

3月29日(金)花冷えに、一度しまい込んだダウンコートを着込んで鎌倉駅より

10分ほど歩いた妙本寺まで「海棠」を愛でに行く。

P1250976

祖師堂前にある海棠の樹2本が満開で、曇り空の中そこだけパッと明るい感じ!

P1250986

境内には、結婚式の前撮りをするカップルが撮影中なので邪魔をしないように海棠をパチリ。

P1250969

古木の海棠は、小林秀雄と中原中也が一緒に眺めたと云われる海棠の3代目!

小林秀雄が書いた「中原中也の思ひ出」の一文を思い出しながら見上げた海棠です。

P1250972  P1250973

新しく元気な花の蕾も付いていた古木です。境内はモミジの新緑もとってもキレイでしたよ。

何時もの散歩道で「海棠」を見て、ぜひ見たいと思った「妙本寺の海棠」を見ることが出来

嬉しかった29日の午後でした。

2019年3月28日 (木)

ハナカイドウ(花海棠)の小道へ寄り道散歩

春風に誘われて、ハナカイドウの小路(昨年ハナカイドウが咲いているのを見た路地)に寄り道散歩。

花色が蕾の時は濃い色で、開くと淡く変化していく様子が好きな「ハナカイドウ」です。

 

Photo_6   Photo_8

春のこの小路には、色とりどりの木々に花が咲きカラフルな散歩道になります。

 

Photo_7  Photo_10

 

黄色い花を枝いっぱいに吊り下げて咲く「土佐ミズキ」真紅のボケの花

そして「西洋石楠花」も咲き始め花の好きな私には、嬉しい小路になっています。

 

Photo_5

      午後は、ベランダから紅茶と桜餅でお花見で~す。☕

   8分咲きになったソメイヨシノを眺めながら春を愛でる午後でした。

 

2019年3月27日 (水)

パワーをもらった湘南台高校吹奏楽部の20周年アニバーサリーコンサート

3月24日(日) 秋葉台文化体育館で「湘南台高校吹奏楽部のアニバーサリーーコンサート」を楽しんでくる。

開場時間前に会場へ着いたのですが2重3重の行列にビックリ。正面の席は、もう埋まっておりバック席からの鑑賞になる。

P1250901  P1250902 

会場に部員が入場し演奏が始まると、ワクワク感が満載で音楽が体を駆け巡る感じ!

P1250905 P1250911  

それぞれのグループの思い思いの衣装に素敵な演奏


P1250909  P1250908

OBも交えたコミカルな演奏もありましたよ。ポリバケツの打楽器演奏までありました。

 P1250912  P1250916

カラーガードチームのパステルカラーの「サクラ」やBOXを使用した演技も楽しかったです。

P1250915  P1250913

キビキビした演奏者の若い力にパワーをいっぱい頂いた日です。夢の中にもラテンのリズムが(笑)

 

2019年3月25日 (月)

地元で第一回目のお花見会!

ボランティア活動の仲間との「ソメイヨシノ」のお花見会を、本日10名参加で行いました。

Photo_2

まだやっと「開花宣言の状態(10輪ぐらいが咲いた状態)」でちょっと残念でしたが、

持参のおやつの交換会や、お弁当のおかず&果物の交換などを行い楽しく美味しい時間を過ごす。

Photo_3

黄色いタンポポを踏まない様にシートを広げリラックスの時間。

童心に戻り「トランプ遊びのババ抜きタイム」

「ばーばがババ抜きとはね~」と、仲間で笑いあいながらゲームです。

おまけに負けた人は、童謡を歌うというルール。

周りに人も少なかったので、皆で合唱タイムになってしまいました (^^♪

Photo_4

ムスカリの花に、「うるさくてごめんね!」と言いながらの解散!

新年度 また頑張ろうねと「団結」を誓った花見会でした。

来た時よりは、リュックがおやつでいっぱいになった「熟年女子会」でした!(笑)

 

2019年3月23日 (土)

蔵をリノベーションしたパン屋さん「風土」

3月20日(水)市民病院での「手首骨折」の定期検診を終えた後、国登録有形文化財に指定されている藤藤沢宿関次商店の穀物蔵をリノベーションした「パンの蔵風土」に寄り道し、天然酵母パンを購入する。
一度お店まで行ったが、臨時休業日で購入する事が出来ず残念な思いをしました。
P1250842_1
「藤沢市街並み継承地区魅力向上店舗集積事業補助金」を活用し蔵内部の雰囲気をそのまま残し、リノベーションした
パン屋&カフェを併設している店舗です。
P1250844_1
写真が暗くてよくわかりませんが、明治の雰囲気が漂う店舗内部でした。
P1250841_1
天然酵母で焼き上げたドイツパン→コーヒーと一緒にブレックファーストした翌日です。
その他 ピーナツバターのサンドイッチは、癖になる美味しさで又お店に行こうと思いましたよ。
食いしん坊の私は、美味しいパンを食べ気持ちも胃袋もリフレッシュです。(笑)

2019年3月17日 (日)

引地川親水公園まで散策(辛夷の花がキレイだよ)

P1250825  P1250816

  晴天に誘われて、引地川親水公園まで足を延ばし 花愛で散策をする。

夫は、地域のサークル活動で男の腕まくりという料理講座に参加しているので一人で

おむすびと飲み物・敷物持参で、ウオーキングを楽しみながら公園へ! 

公園では大きな辛夷の木が、まだ葉が開く前に枝いっぱい白い花を咲かせて華やか!

P1250823  P1250824

北国では、農作業を始める目安にもなっていた”辛夷”ですが、芳香のある白い花です。

P1250830  P1250829

思わず、「 春の小川は さらさら行くよ・・・」と、鼻歌を歌ってしまいます。(笑)

P1250826  P1250827

「レンギョウ」や「ユキヤナギ」などの咲いているベンチの側でおむすびランチタイム

P1250821  P1250822

河津桜の並木は、葉桜になりつつありますがソメイヨシノの蕾は膨らんで来てますよ。

P1250819  P1250820

途中の民家では、「カンヒザクラ」が満開に咲き華やかです。遠くに見える横浜水道の

導管を眺めながらゆっくり散策した昼下がりです。万歩計は、11000歩になっていたよ

2019年3月16日 (土)

ボランティア活動参加後に花愛で散歩

3月15日(金)所属しているボランティア活動の一環として、市内の公民館13ヶ所を起点と

したウオーキングマップ印刷作業に参加する。昨年は手首骨折の為ほとんど活動が

出来ませんでしたので、今回は少しでも貢献することが出来たので本当に嬉しいです。

長年の仲間とおしゃべりしながらの作業ですが、チョッピリ緊張しながら枚数を確認して

最後にホチキス止めをして1部完成。1000部作成した時は、皆で思わず拍手です。

その後、持ち寄ったお菓子とコーヒーで「暑い中の計測作業が、段々大変になるね。」など

話に花が咲くと共に、作成した安堵と共に達成感を味わう瞬間でもあります。             

                           Photo

新庁舎の入口付近のラックにあるので、市民の皆様に活用して頂けると嬉しいな~!

Photo_2  Photo_3

春の花を見ながら散歩。鮮やかな赤の絞り柄の椿に、清楚な白のラッパ水仙など・・・。

葉桜になってしまった「河津桜の土手」には、淡い紫のハナニラの花が咲き始めました。

              

                          Photo_4

葉桜になった「河津桜」の周りでメジロくん達の集会している様子も見かけた夕方です!

2019年3月14日 (木)

オウバイを見かけた散歩道

         Photo

午前中に、カラダも脳も元気はつらつの講座に参加する。鼻つまみと耳つまみの左右

異なった動作をしながら腰割スクワットをしたり、グー・パー切り替えパンチとその場での

足揚げを一緒に行うなどの運動を講師を見ながら行うが、間違っては笑ってごまかした

時間でした。「間違った~と、思うことが脳を活性化する。」と講師の言葉に救われ

参加者全員で大笑い。美味しい食事と、ウクレレの伴奏で歌も唄いスカッとしたひと時。

帰路、何時もの散歩道に咲いている「オウバイ」が満開になり目を楽しませてくれます。

この花で思い出すのは、花芽は夏に出来るので秋以降は剪定をしないのが鉄則なのに

そのことを知らず働いていた事務所の庭のオウバイを、秋に剪定して翌年全然花が

咲かなかったという苦い思い出があります。中国では、「迎春花」と呼ばれています。

              Photo_2

       ちょっと刈り込まれてしまった「雪柳」…健気に咲いている春です。

       風が強く冷たい午後の散歩になりました。










2019年3月13日 (水)

春めき(足柄桜)が満開の旧近藤邸

Photo  Photo_2

染井吉野より2週間ほど早く満開になる「春めき(足柄桜)」が、藤沢市民会館の前庭で

満開で周辺に彩を添えお庭が明るく感じます。青空バックの満開の桜は、とっても綺麗!

(南足柄市に生息していたカンヒザクラとシナミザクラの交雑種の一つと云われる。)

シティ締結記念に、南足柄市より贈呈された桜「春めき」でこの庭に植樹されました。

染井吉野より一足早く柔らかなピンク色で楽しませてくれ「春めき桜」 

Photo_3

 庭の横には、国の登録文化財に指定されている大正時代の和洋折衷建築物の

旧近藤邸があります。帝国ホテルを設計したフラン・ロイド・ライトの弟子遠藤新の設計

実業家近藤賢二氏が辻堂海岸に所有していた別荘をこちらに移築した建物。

内部も公開されておりますが、今回は時間がなく外部のみアップ!

次回はモダンな部屋の内部を見学したり、建物を利用したカフェでコーヒーブレイクを

2019年3月12日 (火)

夕焼けに染まる富士山もキレイです

3月11日(月) 東日本大震災から8年目になりました。自宅で、あの時は田舎の妹や親戚

同級生と連絡が取れず、不安が膨れ上がりながらTVに釘付けになっていた事を思い出す。

昨日は何処へも出かけず、「語りつぐ・証言 小さな町を呑みこんだ巨大津波」を読む。

同級生が送ってくれた冊子で、2011年8月に発行されており皆様の体験が綴られている。

夕方西の空を眺めると夕焼けに染まっていく富士山の姿が→あまりにもキレイなのでアップ

P1250791  P1250792

       思わず首を垂れて、感謝と祈りのひと時です。


P1250790  P1250794

3月10日 ベランダより眺めた富士山の姿に、ビックリしました。

「えっ~ 一夜にしてこんなに雪が減ったの?」でも落ち着いて目を凝らして見たら

上にかぶさっている雲の影が映り込んだだけでした。こんな雲の出た日の後は、

天気が崩れると云われていますが、夜中から風の激しい荒れた天気になりました。

富士山をベランダから定点観測していると、ちょっと楽しいワクワクもあります。

            P1250797

    ベランダの小さな春もアップ!金のなる木に花が一輪咲きました。

           なにかイイことがあると嬉しいな~。

2019年3月11日 (月)

春色マフラーと一緒に散歩・・・?

手首骨折のリハビリにと、少しづつ編んでいた春色のマフラーが完成し一緒に散歩 

             Photo

網目が揃っていないのが、残念ですが「ドライブ編み」という初めて挑戦する編みかた!

春風を通す様なざっくり編みです。今日みたいに春めいた気候にはぴったりで軽やか。

首に巻くと顔色も明るくなりいい感じ・・・  背筋を伸ばして午後の散歩

Photo_2  Photo_3

空の雲もいい感じだし、クリスマスローズの花壇を見ることも出来素敵なひと時に!

2019年3月10日 (日)

大巧寺の花々と若宮大路の玉縄桜

P1250752  P1250749

「おんめさま」の名で親しまれている安産祈願で有名な「大巧寺」にも足を延ばし

春の小さな花々を見て来ました。檀家は持たず安産祈願の寺として存在する

全国でも珍しい寺です。我が家の娘達も、この寺で安産祈願をしました。

P1250774  P1250775  P1250776  P1250758

それほど広くない境内なのですが、春の小さな花々が咲いていた「大巧寺}です。

境内を出て、鎌倉駅に向かう若宮大路にも「玉縄桜」が植えられており目を惹きます。

P1250751  P1250748

帰り日は、銀行をリノベーションした「CHOCOLATE BANK」によりお土産のチョコを

購入して帰宅しました。店内には銀行の大きなダイヤル式の金庫がそのまま残っており

不思議な空間になっており印象的なお店でした。

入り口のゴリラさんは、チョコレートでコーティングされているんですよ。

P1250764  P1250765

鎌倉 宝戒寺まで梅を愛でにゆっくり散歩

P1250771  P1250760

3月9日(土) 北条歴代執権の屋敷跡に建立された「宝戒寺」まで梅を愛でに行く。

満開を過ぎた梅もありましたが、紅梅・白梅・思いのまま(紅白の梅がさく)・枝垂梅など

境内に清らかな彩を添えている風景に春を感じた午後です。

P1250777  P1250778

本堂前の古木「枝垂れ梅」は、かなりの古木なのですが台風の被害で元気のない

状態が続いており残念です。北条氏滅亡後の霊を弔う為に、後醍醐天皇が

足利尊氏に命じて建立した宝戒寺は、萩の寺として有名ですが梅も見事です。

P1250780  P1250779

ほとんど散ってしまった「椿」ですが、一輪だけ凛として咲いていた白椿が印象的!

古都鎌倉のちょっぴり散策でしたが、青空の下花を愛で満足なひと時でした。

2019年3月 8日 (金)

3月8日 ベランダから見た富士山綺麗ですよ~!

P1250709  P1250712

朝 窓を開け ベランダに出ると冷たい風で空気がピーンと張りつめている3月8日です。

一時 頂の雪の量が減った富士山でしたが、又降雪量も多く堂々とした姿に、なりました

久し振りに、「おじゃま虫の1本線が特徴なベランダ富士山」を眺めコーヒーブレイク!

Dscn5067  Dscn5077

ラジオの「今日は何の日の・・・?」のコーナーで”国際女性デー”ですと放送されていた。

3月8日で思い出すしたのは、イタリアでミモザの花を送ったりミモザのケーキを食べる

週間があるという事です。前に撮ったミモザの写真も今日は、アップします。

鮮やかな黄色とふわっとモコモコした花に、元気がもらえる感じがして好きな花です。

2019年3月 6日 (水)

ちょっと嬉しい「藤沢ー川越高速バス」のニュース

 P1140179 P1140175_2

三椏の花が、綺麗に咲いている季節になりました。散歩道にある大きな民家のお庭を

横目で見ながら春の到来を楽しんでいます。三寒四温の日々、今日は雨の降らない時を

見計らって時短でサクサク散歩に、切り替えです。写真は、昨日大船フラワーセンターで

写したものです。 2枚目は、ズームアップして見ました。

本日の新聞記事で、16日から圏央道経由で藤沢ー川越を結ぶ高速バス「圏央ライナー

川越湘南線」が1日上下各2便運行するとの事。電車の乗り換えの煩わしさが

なくなりとても便利になります。早速予約して蔵の街を歩こうと連れ合いと話しています。
 

2019年3月 5日 (火)

玉縄桜を愛でに、大船フラワーセンターへ

Photo  Photo_2

青空に誘われて「日比谷花壇 大船フラワーセンター」まで『玉縄桜』を愛でに行く。

染井吉野桜と大寒桜の自然交配種と推定される「玉縄桜」は、大船フラワーセンターで

見つかった桜です。ソメイヨシノ桜より早咲きで花も長く、花の色はソメイヨシノに近い桜

朝のTV番組お天気コーナーで紹介されていたからか、平日のしては入園者が多かった

左が玉縄桜の原木で、右は若木の玉縄桜です。玉縄桜の広場も出来ていました。

Photo_3  Photo_4

園内をゆっくり散策し、持参の弁当を食べ日向ぼっこの時間。園内も整備されてます。

               

Photo_5

上記の様な可愛い寄せ植えの花壇もありましたよ。日比谷花壇になったからかな?

2019年3月 4日 (月)

河津桜を見ながらゆっくり散歩

 3月2日(日) いつもの散歩道沿いにある河津桜がキレイに咲きました。

Photo  Photo_2

土手の菜の花と一緒に撮ると、春爛漫といった感じで心がウキウキ足取りも軽くなる。

P1250700  P1250705

2月27日には、メジロのグループも花見(?)に来ており賑やかでしたよ。通りすがりの

皆様と「ウグイスかな?」とか「メジロですよね。」などと話が弾むのも早春の風景。

Photo_3  Photo_4

    善行の桜坂(?)も、河津桜が咲き住民の皆様の目を楽しませてくれます。

    福山雅治さんの、「桜坂」を口ずさみながら歩いた午後のひと時でした。

2019年3月 3日 (日)

 え~!ビックリ 絵馬が牡蛎の殻なんですよ。

P1250688  P1250703

長谷寺の境内にある「稲荷社(かきがら稲荷)」の絵馬は、牡蛎の殻に願いを書きます。

鐘楼の脇にあり牡蛎の殻の絵馬がびっしりと掛けてありました。

境内案内板によると、『徳道上人が巨大な1本のクスノキから二体の十一面観音を

彫らせ、一体を奈良長谷寺に、もう一体は行基が衆生済度を祈願して海中に投じた。

海に漂う観音像に付着した蛎殻の導きにより三浦半島の長井に流れ着いたと

伝えられている。』その観音様を導いたかきがらを祀っているお社なので絵馬も牡蠣殻

なんですね。牡蠣殻絵馬の願い事も観音様のお導きがあるそうですよ。
P1250689  P1250687

長谷観音さま境内で、皆様に人気「和み地蔵」と河津桜もアップしました。

一年ぶりで鎌倉大仏さまをお詣り

P1250695  P1250699

     長谷寺で早春の花を愛でた後に、鎌倉大仏まで足を延ばしました。

  2.3日前に読んだ本に、「大仏とは・・・丈六以上の大きな仏像で多くは座像。

  奈良東大寺の盧舎那仏・安吾院の釈迦如来(飛鳥大仏)・鎌倉長谷高徳院の

  阿弥陀如来などで、鎌倉の大仏は「阿弥陀如来」-極楽世界を主宰する仏。

  念仏を修する衆生は極楽浄土に往生できると説く。

上記の文を思い出しながら改めて眺めた「高徳院 鎌倉大仏さま」です。

緑樹を背景にする全体、そして近づいて左右からお顔を拝見すると、親しみはあるが

気品のただようお姿に自然と心が和み癒されました。

高徳院の境内も、外国からのお客様が多かったです。皆さん一様に白日のしたに

さらされた巨大な大仏に目をみはり、「おおき~い」と言葉を発する人も・・・!

P1250678  P1250697

  ランチは、一年前に長い行列があり
食べるのを諦めた土鍋ご飯のお店に直行し

  「カニとアボガドの定食セット」を食べる。<満足&満腹で~す。> 

半日の鎌倉花愛でゆっくり散策は、身も心も満足した祈りと感謝の日になりました。

2019年3月 2日 (土)

江ノ電利用で長谷観音まで花を愛でる散策

P1250679  P1250704

境内が、季節の花々で彩られている鎌倉長谷寺まで 早春の花を愛でに行って来ました。

赤い提灯がポイントの山門より境内を望むと、満開の白梅が見えそこはかとなく良い香り

境内には、紅白の梅の花が咲き揃っており庭園の雰囲気も素敵です。
P1250702  P1250684 P1250685  P1250683

下に目をやると、早春の訪れを告げる様に「福寿草」も顔を出し優しい黄色でお出迎え!

周りは、↑ 上記のような可愛いお地蔵様の姿もあり思わず「カワ(・∀・)イイ!!」の声が・・・

P1250686  P1250692

複雑骨折の手術から2月27日で1年を過ぎたので、長谷観音様までお礼詣りです。

助けて頂いた皆様の健康も祈り観音様としばらく対峙の時を過ごすやすらぎの時間。

少し肌寒いですが、展望台より逗子方面の海岸を眺めると癒されホット一息です。

P1250691  P1250693

まだ葉が開く前に黄色い花を咲かせる「マンサクの花」も満開です。4枚の細い花びらが

まるでリボンのよう、卵形の暗紫色の萼との組み合わせが不思議な感じ・・・

壺形の花を穂のように吊り下げる「アセビ(馬酔木)」の花も咲いていた長谷寺の境内。

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »