2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 4月27日 雨上がり後「ベランダ富士山」観察日記 | トップページ | 平成最後の鎌倉五山巡り(第2位円覚寺・第3位壽福寺) »

2019年4月29日 (月)

平成最後の鎌倉五山巡り(第1位 建長寺)

4月28日(日) 晴れ上がった空に誘われるように、平成最後の「鎌倉五山巡り」をする。

先日 鎌倉長谷寺で購入した「和み地蔵さま」が表紙になっている御朱印帳も持参してのお詣りです。

Photo_21  Photo_20

P1260396  P1260395

威風堂々とそびえる重要文化財の三門(三解脱門)が、お詣りする人を迎えてくれる「鎌倉五山第1位 建長寺」です。

  <五代執権の北条時頼が宋の蘭渓道隆を開山に招き、創建した日本最初の禅寺>

三門には、「その下を通る人の心が清浄するように楼上に五百羅漢などが安置されている」と、楼上が公開された時学びました。

扁額の文字は、後深草天皇(在位1246~)の筆と伝わります。仏殿に向かう庭にビャクシンの老木が目を惹きました。

創建当時に開山の「蘭渓道隆」が手植えした樹も何本かあり、幹部分は力強く神気溢れていると感じてしまう私です。

P1260397  P1260401

仏殿は、正保4年(1646年)東京・芝増上寺より徳川秀忠夫人のお江の方(崇源院)の霊屋を移築したものである。

本尊の「地蔵菩薩坐像」が安置されている仏殿です。禅宗寺院の本尊は釈迦如来が多いが、この地は地獄谷と呼ばれた

刑場跡で地蔵堂があった事によりご本尊様は、地蔵菩薩坐像さまなんですよ。

唐門(勅使門)も、仏殿と同様 崇源院の御霊屋の唐門で修復され光り輝いる門になっております。

P1260394  P1260392

御朱印は、法堂内部で頂きました。(法堂は、住職が仏様に代わって須弥壇上で説法する為のお堂)

10連休に備えて御朱印を書いてくださる方も多くおられ思ったより短い時間で頂くことが出来ました。

法堂の天井を見上げると、小泉淳作筆の「雲龍図」が目を惹きます。

方丈(龍王殿)の「龍王図」も公開されており、迫力のある龍を拝見する事が出来ました。

P1260402  P1260400

方丈の庭園は、蘭渓道隆の作庭で池の中に島を置き半僧坊の山を背景した名勝史跡です。

本日は、鎌倉五山の御朱印を頂くのが目的なので大勢のカラス天狗像がある半僧坊はパスしました。

« 4月27日 雨上がり後「ベランダ富士山」観察日記 | トップページ | 平成最後の鎌倉五山巡り(第2位円覚寺・第3位壽福寺) »

古都鎌倉史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

私も、今年の1月17日に鎌倉五山めぐりをしたので懐かしく拝見しました。
ご朱印帳を開き、「あっ同じだ!」 なんて・・・(笑)

あすかさん:

建長寺は、御朱印を記帳してくださる方がGWに備えて多くの人を
配置しておられたので思ったよりスムーズに御朱印を頂戴出来ましたが、
やはりいつもよりは多かったです。

先ほどTV放映を見てびっくり
4月30日と5月1日の御朱印が、ネット上で売買される時代になっているのですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 4月27日 雨上がり後「ベランダ富士山」観察日記 | トップページ | 平成最後の鎌倉五山巡り(第2位円覚寺・第3位壽福寺) »