2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 平成最後の鎌倉五山巡り(第2位円覚寺・第3位壽福寺) | トップページ | 白波が立っている様な「タツナミソウ」 »

2019年5月 2日 (木)

鎌倉五山巡り(第4位浄智寺・第5位浄妙寺)

4月28日(日)に平成最後の鎌倉五山巡りをしたことを3回に分けてアップ。3回目は、第4位の浄智寺と第5位の浄妙寺。

P1260412  P1260413

鎌倉石の階段がキレイな浄智寺は、今の時期 両側に薄紫のシャガの花が咲き鎌倉らしい雰囲気を醸し出している。

二階が鐘楼(銅の鐘が掛ってます)という「鐘楼門」を通り境内へ(1679年建立)

本堂 曇華殿には、御本尊の三世仏(阿弥陀・お釈迦・弥勒さま)がお詣りする人々を迎えて下さいます。

P1260415  P1260414

大正13年築の茅葺の書院を庭から眺めると、古都鎌倉に居るんだと実感します。

P1260421  Photo_24

浄智寺は、何と言っても鎌倉七福神の布袋様が有名です。今回もお腹をさすり元気を頂いてきました。

御朱印は、御本尊・観世音菩薩・十三仏・地蔵尊・七福神の5種類があるので、しっかりと「ご本尊様」をと願いしました。

P1260423  P1260422

浄妙寺までは、鎌倉駅よりバスを利用する。鎌倉の細い道をすれ違いながら歩くには、足が心もとないので!

山門からすっと伸びた石畳を進むと重厚な銅葺の本堂で、さすが五山の落ち着いたかまえです。

創建が鎌倉五山の中で一番古い「浄妙寺」は、足利義兼(北条政子の妹の夫)が退耕行勇を開山に迎え

極楽寺として創建。のちに建長寺の開山蘭渓道隆の弟子月峯了然が住職になった際臨済宗になり「浄妙寺」と改めた。

Photo_25  P1260428

境内に「藤原鎌足八重桜」が植えられておりました。「鎌倉」の由来の一つと云われる鎌足が鹿島神宮に

御参り行く途中、由比ヶ浜に泊まった夜に不思議な夢を見たので、護身用に持参していた鎌(鎌槍)を

浄妙寺の山に埋めたと云われる。その鎌の名をとりかまくらとなったとも云われます。

その縁で木更津市の「鎌足 八重桜」保存会より送られた桜で、8分咲きになった頃雌しべが花にかわり

二段咲きになる珍しい桜です。鎌足桜は、坂東三十三観音巡りの時高倉観音で由来を聞きました。

鎌足が旅の途中 持っていた杖を地面にさしたところ根付いて育ったと云われる山桜の一種です。

古のロマンを思いながら眺めると、また趣が違って見えますね~。

« 平成最後の鎌倉五山巡り(第2位円覚寺・第3位壽福寺) | トップページ | 白波が立っている様な「タツナミソウ」 »

古都鎌倉史跡めぐり」カテゴリの記事

コメント

鎌倉五山めぐり
お疲れ様でした。
セロリさんは鎌倉までは近いので期間設定の駅ハイのように晴天時に思いついて歩けるので良かったです。
私も五山は今年の1月に周りましたが、各寺院の細かい説明で「フムフムそうだったのか」と 懐かしさを感じながら改めて熟読しました(笑)
八幡宮から浄妙寺までは結構距離があるのでどうしたのかと気がかりでしたがバス移動できたのですね。 膝の事が心配でしたが良かったです。(私は往復歩きでした) (;^_^A

あすかさん:

人が多くバス通りを歩くところもあるので、渋滞にはまっても
バスの方が安全と考えました。
すれ違い時に、転んだりしてはたいへんなので・・・!

浄妙寺より竹寺の報国寺にお詣りする人の方が
とっても多かったですよ。バスも満員で通勤ラッシュ並みでした。
勿論 江ノ電は、改札規制をするほどホームに人があふれ
混雑で電車が慢性的に遅れていました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 平成最後の鎌倉五山巡り(第2位円覚寺・第3位壽福寺) | トップページ | 白波が立っている様な「タツナミソウ」 »