2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

« 白波が立っている様な「タツナミソウ」 | トップページ | 牛若まつりで賑やかな相州藤沢の白旗神社 »

2019年5月 4日 (土)

「令和元年 皐月のベランダ富士山」

5月3日の朝 元号が令和になってからベランダより初めて眺めた富士山は、春霞が掛りぼんやりと見えた。

比較的 気温の高い日が続いたからでしょうか・・・雪の量はずいぶん少なくなっています。(やっぱり1本線は、おじゃま虫)

P1260441

夕焼け小焼けに照らされた富士山のシルエット・・・刻々と姿を変えるさまは、とってもステキです!

夕食つくりの手を休めてしばし見入ってしまいます。(小声で夕焼け小焼けで日が暮れて、と歌いながら・・・?)

P1260442  P1260439

午後の散歩で見かけた花は、「シャリンバイ」と春の庭先でお馴染みの「シラン」です。

Photo_26   Photo_27

マルバシャリンバイ(車輪梅)は、道路の緑地帯などに植えられています。(大気汚染や暑さに強い樹なので)

名前の由来は、枝や葉が輪生上に出て花が梅の花に似ているからとか・・・?

・・・樹皮から大島紬の染料を採ると聞いたことがあります。

右 シラン(紫蘭)は、民家の庭先や公園で今が盛りと咲いていますよね。

 植物に詳しい先輩より、シランの根は粘性があるので七宝細工の接着剤に使われると教わりました。

何気なく見ている花や樹にも、いろいろ特性があるのですね。

« 白波が立っている様な「タツナミソウ」 | トップページ | 牛若まつりで賑やかな相州藤沢の白旗神社 »

ベランダ富士山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 白波が立っている様な「タツナミソウ」 | トップページ | 牛若まつりで賑やかな相州藤沢の白旗神社 »