2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

真っ赤だね~!

  府中市にある多磨霊園までお墓参りに行く。紅葉ヶ丘の名前の通り霊園内はモミジの樹が多くある。

Photo_20191130182901 Photo_20191130182902

今年は台風の影響と気温の高い日が続いたため、霊園より紅葉の色合いがキレイでないのが残念!

それでも自宅より霊園までの道中 何度も渋滞に巻き込まれ少々疲れた私達の目を楽しませてくれた紅葉です。

イチョウの綺麗な通り&プラタナスの並木道・こどもの国・よみうりランドなどを通り抜けた

プチ遠征のお墓参りは、晩秋を感じた一日になりました。

             Momi

2019年11月29日 (金)

お目覚め・・・?のベランダ富士山

     さすが~ 今季一番の寒い朝 ベランダに出たら身体がぶるっと震える寒さです。

         夜明け前にピンク色に染まるベランダから見た富士山

        P1270385

        東の空を見ると綺麗な朝焼けでビルの間から段々上ってくる感じ

        ねぐらから団地の方へ出勤途中(?)のはとさんを見かけるタイム

        P1270387

       午前7時には、白い雪を纏った富士山の姿・・・冠雪の面積 日に日に広がっていく感じ!

        P1270388

       さ~ 今日は、趣味の歌う会のコンサート 緊張するが声を出しハーモニーを楽しもう (^^♪ 🎵

2019年11月28日 (木)

運気アップ!寒川8社めぐりと冬のひまわり鑑賞

11月24日(日) 膝の調子が上向きになったので「相模線寒川駅からハイキング)に参加する。

昨夜の雨もあがり、歩くのにはちょうど良い天気・・・。👣

《コース》寒川駅→寒川観光協会→安楽寺→菅谷神社→福泉寺→小動神社→念宗寺→西善院

     →寒川神社→冬のひまわり畑→水道記念館→寒川観光協会(ゴール)

 *本日も膝はまだまだ本調子ではないので、杖を持参での参加です。

P1270367  P1270368

 駅より歩いて5分程の場所にある「安楽寺」は、高野山高室院の末寺真言宗のお寺です。

 創建が718年頃の古刹で、ご本尊の大日如来坐像は町指定重要文化財です。

 数年前の駅ハイで、本堂裏手にある大神塚(古墳)を見学したことがあるので今回はパス!

 相模國準四国八十八ヶ所第六番の寺でもあり、入り口には、3体の弘法大師さまが秋の日ざしを浴び温和なお姿。

 境内に寒川の史跡などに通じている方がおられ、これから行く寺社の事をワンポイントアドバイスして頂きラッキー!

P1270375  P1270372  

 県営住宅の側にある「菅谷神社」は、創建が不明ですが往古より天照大神を奉斎しており「天の宮」とも称される。

 神社の北側には、縄文遺跡(岡田遺跡)も発掘されており古来より人々が住んでいた場所でもあります。

左の写真・・・二本の木の間に注連縄が飾れていた「菅谷神社」お宮参りのファミリーの姿も見かけました。

こちらの神社のお神輿を、茅ヶ崎市の海岸で行われる「浜降祭」で見かけたことがあるのを思い出しました。

右の写真・・・曹洞宗の「福泉寺」1586年(天正14年)創建のお寺。境内から大きな地蔵様が出迎えて下さいましたよ。

写真をよ~く目を細めてみると、お寺では珍しく狛犬が鎮座しているんですよ~!

P1270371  P1270365

 のどかな道を15分ほど歩いて(遠くに富士山も望める)「小動神社」に到着。((左の写真)

 日枝神社に、御嶽神社と稲荷神社を合祀して「小動神社」となった。合格・縁結び

 交通安全の神様として地元の皆様に信仰されている神社です。

 右の写真・・・念宗寺は、天正年間に創建されたお寺。ご本尊である木造阿弥陀如来坐像は、室町時代の作。

 境内には、神奈川むかしばなし五十選に選ばれた「雉子稲荷」もある。

P1270363  P1270362

案内地図では目久尻川沿いを歩くのですが、観光協会の方に「数日の雨で川沿いの未舗装道路が滑るので、舗装道路の方に

迂回して歩いても良いですよ。」と声を掛けて頂いたのでゆっくり大通りの歩道を歩いて「寒川神社」をお参り。

境内は、七五三・お宮参り・厄除け祈願の方々でいっぱいでした。映り込まない様に写真を撮るのが大変なほどです。

P1270354  P1270353

明治維新の神仏分離令で寒川神社から独立した「西善院」。境内にある握手大師像と握手をするとお大師様と縁を

結ぶことが出来ると云われています。こちらの寺院も「相模国準四国八十八ヶ所巡り」の弘法大師像が2体安置されていました。

P1270361  P1270348

冬ひまわり畑で、ヒマワリを鑑賞した後、水道記念館に立ち寄り寒川駅ハイは終了。

本当に久しぶりのウオーキングは、「疲れた~のひと言」と少々の達成感かな?

2019年11月24日 (日)

冬のヒマワリ鑑賞 (駅からハイキング寒川)

JR相模線の寒川駅からハイキングに参加し「冬のひまわり」を鑑賞してきました。

温暖な気候を利用し、露地栽培で11月末から12月初旬にひまわりを咲かせて4年目を迎えている「寒川の冬ひまわり」

今年は初の試みで11月中咲かせることに挑戦したそうです。ここ数日の風雨で花が倒れてしまった場所もありましたが、

キレイな「冬ひまわり」を、鑑賞することが出来ました。花の少ない時期の黄色いひまわりにパワーを貰いました。

P1270370 P1270359

ひまわり畑のボランティアの方の勧めで顔出しパネルで記念写真を1枚パチリ!

ウオーキング途中で民家のお庭に咲いていた「皇帝ダリア」曇り空なので写真が鮮明でないが綺麗でしたよ。

 P1270357 P1270351P1270377

寒川駅ハイの寺社巡りは、次回のブログでアップします。 

2019年11月23日 (土)

え~ビックリ!店名が「君は食パンなんて食べない」の食パン専門店

                   Photo_20191122194402

   先月オープンしたばかりで行列が出来る食パン専門店の店名が、「君は食パンなんて食べない」え~~👀

店名は「普段パンをあんまり食べない人にとっても、一度食べたら忘れられない味&食感を目指したのが由来とか・・・‼

「エクスタシー」という食パンは朝の9時に整理券を配布し、整理券のある人のみ購入できると知人から聞きておりました。

 先日このお店の前を通りかかった時、すごい行列が出来ておりましたので購入をあきらめました。

     Photo_20191122194401  Photo_20191122194301

  昨日 上記☝の袋を抱えた方とすれ違う・・・雨の日なら客足も鈍り購入のチャンスかもと思い立ち寄ることにす。

  ラッキー 2人しか並んでおらず「shockパン」を購入する事が出来ました。

  さっそく夫と一緒に、コーヒーを淹れ3時のおやつとして食べました。焼かずに頬張ると「ほど良い甘さ&耳まで柔らかく

  また口どけ食感の良さにびっくり・・・美味しかったですよ~。年金生活の我が家では、お値段が張るのでそうたびたび

  食することは出来ませんが、たまに頑張る自分のご褒美として食するのも生活が豊かになるかもと思う時間でした。

2019年11月19日 (火)

サザンカの小道を散歩

午後の散歩は、マンネリ化しない様に路地を一つ手前で曲がったり&自宅から東ルートと西ルートを自分なりに設定し

その日の気分(膝の状態)で楽しんで歩いています。11月18日は、午後より気温が上がり膝の調子も良かったので

サザンカの咲いてる小道を散策することに・・・👣 生垣になっているのに、1本だけ高い樹にはピンクの花が咲き

青空とマッチしてとってもキレイです。花の少ない時期なので、サザンカの花のまわりはホッとする明るさが漂います。

、       Photo_20191118210301

   農家の軒先に、先日大船フラワーセンターでも展示してあった「三本立だるま菊」を見かけました。

   菊ガイドツアーに参加したおかげでより深堀して菊を見ることが出来ます。

   いくつになっても好奇心を持ち参加する事に意義ありですね。

       P1270317

    図書館で借りた本👇 知人より「寝る前に読む本・・・細かい字が苦手になり児童文学書を読んでるよ!

    孫の気持ちがちょっとわかるような気がして・・・」と、聞いたので私の借りた本

            Photo_20191112080701

       つい自分のいちばん気にしている事が題名の本を借りてきました。

       子供達の気持ちがオムニバスに書いてあり、笑いながらまたこの年でも減量している間に

       チョットだけと食べてしまう自分の意志の弱さに情けなくなりながらも読みました。📖

       ダイエットは、女性にとって永遠のテーマなんです。(-_-;) 

2019年11月16日 (土)

箱根連山に沈む夕日と今朝の日の出

 箱根の二子山に沈む夕日の美しさ・・・・自然の織り成す風景に息を吞む瞬間です。

           P1270309

  オレンジ色の空からから茜色に染まる箱根の山々の様子は、自然の醸し出す美ですね。

     P1270311

今朝 東の空から昇る朝日にパワーを貰い「今日も頑張るぞ。」と、小さな声でつぶやいてしまいます。

        P1270315

    ベランダから見た今朝の富士山は、雪が少し少なくなっています。

        P1270316

    自然の織り成す美を、ゆっくり見て癒されている日々…大切に過ごしたい~!

P1270291  P1270299

冬さくら・・・子福桜も咲いている季節になりました。

2019年11月15日 (金)

ルノアール展鑑賞とみなとみらい地区の紅葉

  11月15日(金) 横浜美術館まで「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」展を見に行く。

  美術館内は、それほど混んでおらずゆっくりと鑑賞できる。先日、知人より「パリのオランジュリー美術館の佇まいと

  絵画」の素晴らしさをお伺いいたしました。その美術館のコレクションが、横浜美術館で開かれて開催されおり

  ルノアールは勿論私の好きなクロード・モネの絵も1枚出品されていたので楽しみ倍増で鑑賞です。

  《ピアノを弾く少女》の前には、たくさんの人が鑑賞中。ピカソ・マティス・セザンヌ・ルソーなどの作品は

  前にも鑑賞したことのある作品も何点かあり、また鑑賞できたと嬉しい気分。

  モディリアーニの作品は初めて見たが、《アントニア》の凛とした女性の絵に引き付けらる。

     Photo_20191116090401  Photo_20191116090402

   横浜美術館での「ルノアール展」鑑賞後 ゆっくりとみなとみらい地区を散策です。

   ランドマークタワー前のビル街・・・街路樹も色付き華やかな感じになりました。

Photo_20191115200302 Photo_20191115200401 Photo_20191116094801

ランドマークの入り口にはサンタさんの姿も・・・全部「レゴ」を使用し作成されています!

またランドマーク内のクリスマスツリーは、ホワイトイルミネーションが中心のシックな感じで素敵ですね~。

       Photo_20191115200301 Photo_20191115200201

散策後の遅めのランチは、先日ブログ友さんが巣鴨をアップしていたのを思い出し「古奈屋」さんのカレーうどんを🍜

 食いしん坊の私は、華正樓の大きくずっしりとした中華まんをお土産するのも忘れません。(笑)

2019年11月12日 (火)

今朝(11月12日)のベランダ富士山

        P1270302

昨夕の藤沢は雷鳴と共にザーザー降りの雨でしたが、富士山の方は雪になった様で一夜明けたら降雪量が多くなりました。

        P1270303

      ズームアップしたベランダ富士山・・・やはり雪の量が増えています~!

      今朝は、ベランダに出ると思わず身震いをするほど空気が冷たい‼

     Photo_20191112080601  Photo_20191112080801

     近所のざる菊畑も満開で、周りをを散歩すると菊の花の香りが漂います。

先日 菊大会を鑑賞したフラワーセンターでは、サンタさんの小さなオブジェが来園者をむかえてくれましたよ。

「今年こそは 早めに大掃除をせねば~「~」と、ちょっぴり気が焦ります。(笑)

2019年11月11日 (月)

フラワーセンターで菊花を鑑賞

11月9日(土) 大船フラワーセンターで開催されている「神奈川県菊花大会」を見に行ってきました。

神奈川県菊花連盟の会員さんによる「菊ガイドツアー」が無料で行われていたのでさっそく参加

奈良時代末期から平安時代初期にかけて中国より導入されてと云われる「菊」ですが、江戸時代より庶民に栽培が

広がったと云われ、栽培技術・品種改良され現在のような菊栽培になっているそうです。

P1270294  P1270286

    * 菊の栽培では、鉢植えのこと⇒「盆養(ぼんよう)と呼ぶと説明していただく

〔左〕 七本立盆養 大菊の仕立て方で七本立は、1本の苗を2回摘芯して7本の枝を伸ばし

    中央の花を高く、外側の花が低くなるように育てるとの事。摘芯の時期は、気温に左右され

    ホットカーペットの上にのせ作業することもあるとの説明に、あり日の父の後ろ姿を思い出す。

〔右〕 三本立盆養 後ろの一輪を「天「」と呼び一番高く前の方は高いほうは、「地」低い方を「人」とよび

    高さを少しづつずらしながら咲かせるのだそうです。「天地人」・・・しゃれた呼び名ですよね。

P1270275  P1270274

一般に「ざる菊」とよばれる「ドーム型菊」丸くこんもりとしているのが良い形で、芽をつんでキレイな形のしてます。

P1270287  P1270282

小菊盆栽は、小菊を使用し盆栽の様に育てますが 毎年新しい苗から育てるとの事でしたよ。

懸崖作りの菊⇒⇒静岡型といい真ん中が富士山を模し、右から下の方へ下がった菊が伊豆半島を表している。

P1270295  P1270278

手ごろな大きさで、豪華な菊を楽しむのは夏に挿し芽をして育てる「福助」3本にたてると三本立だるまとよばれる。

右の菊は、厚走りという花か型で下部より走りと呼ばれる花びらが放射状に延びている菊です。

P1270279  P1270280

またこの様な変わった形の菊の花弁も・・・咲き始めた時花びら少1枚1枚に少し湿らしたテッシュなどを

挟み広げてこの形にするそうですよ。

P1270276  P1270277

おまけの菊の花かざり。パンダの姿が何と愛らしいですよね~。

P1270283  P1270281

菊のガイドツアーに参加でき、色々なことを知りもっと父と話をしておけばよかったと反省も・・・。

園内のコスモス・木々の微かな色づきに「秋」をいっぱい感じた「大船フラワーセンター」の花愛で散策でした。

                     *菊ツアーガイドさんの説明とフラワーセンターだよりを参照

2019年11月 9日 (土)

白旗神社境内に、義経と弁慶の銅像が建立!

 源義経を祀る白旗神社の境内に、義経公 没後830年を記念して義経と武蔵坊弁慶の銅像が建立されました。

       Photo_20191109091601

伝承では、奥州平泉で自害した義経 胴体は宮城県栗原市へ、首は鎌倉に送られて腰越の海岸で首実検が行われた後

藤沢に葬られる。その後白旗神社の祭神として祀られた義経の、今年が没後830年にあたります。

義経は甲冑で身を整えた姿で、弓を携え馬にまたがっており、その後ろに弁慶が膝をつき従っている銅像です。

藤沢にシンボルがまた一つ増えて、個人的にはちょっと嬉しい感じがしています!

11月8日に立ち寄ったら、参道及び境内では一の酉に向けて準備中。縁起達磨や福熊手の飾りつけもされており

秋の深まりを感じることが出来た日和でしたよ。

        P1270203

       Photo_20191109100101

    毎年楽しみにしている近所の「ざる菊」も天候不順や台風で心配されましたが咲きました。

    バスの中から鑑賞すると全体が見渡せて、よりいっそうキレイに見えます。

2019年11月 7日 (木)

茜色に染まった富士山

 11月6日 いつもの様に夕方散歩。 大学のキャンパスを眺め、広い1本線のような道路を歩いてから

 キャベツ畑のあいだを通るのどかな農道を散歩していると、日の暮れが段々早くなり空が夕焼け色に染まっていく。

 ベランダより茜色に染まった富士山を見たいと思うと、自然にサクサク歩き・・・。

        P1270238

     こんな素敵な風景をベランダより眺めることが出来ました~よ!

     裸眼で見るともっと鮮やかな茜色で、段々うす紫に変わっていくのも自然の織り成す色合・・・。🗻

P1270236  P1270234

 秋バラが咲いている花壇をゆっくり鑑賞してから、お気に入りをズームアップ

 白から時を経て、淡いいクリーム色になるバラもありました。

 午後の散歩・・・秋は釣瓶落としと、いいますので出る時間を早めなければと思う今日この頃です。

2019年11月 6日 (水)

今年も、誕生日は鎌倉へ

11月3日は、私の〇〇才の誕生日でした。何かと忙しい娘が、合間を縫ってショートケーキを届けてくれたので

夫と娘の3人でミニミニ誕生会・・・🍰 この年になると嬉しさより無事誕生日を迎えることが出来たと安堵と感謝!

       Photo_20191106094001

1日早めのバースデーケーキを頬張ると、今が旬のマロンが口いっぱい広がりちょっと嬉しい気分に・・・。

結婚してから 毎年 誕生日には、鎌倉のお寺を訪れるのを楽しみにしていました。

娘が生まれた年も、夫に預けて3時間の鎌倉散歩を・・・・・。家族の理解があって続けています。

今年は、ゆっくりと長谷観音様にお詣りをしました。ミュージアムを観たり弁天窟も見学しました。

Photo_20191106094202  Photo_20191106094003 Photo_20191106094301

大きな鎌倉長谷観音様を見上げ対峙すると、まなざしのやさしさに包まれ心が温かくなりました。

今年も長い距離は歩けないが、散歩を続けて四季の変化や草花に癒されてたいと思う半日でした。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »