2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

« ひまわり | トップページ | しっとりとした東慶寺の境内と紫陽花 »

2020年6月24日 (水)

鎌倉石の参道がブルーに染まる明月院

6月23日(火) やはり1年に1回は見たいと思う「明月院ブルーのあじさい」。新型コロナで密が心配で

躊躇していたのですが、どうしても今年も見たいと思い家事をそこそこに切り上げて出かけました。

「梅雨時期 北鎌倉駅から降車した乗客の後ろを着いて行けば明月院につくよ。」と、話していた人がいたが

長い列は、ほとんど明月院へ紫陽花の鑑賞に行く人々でした。紫陽花に花より人の数の方が多いのではと

「密」を心配しながらも出迎えてくれた「ブルーの紫陽花」に、来てよかったと心が爽やかになりました。

P1280322  P1280315

P1280312 P1280345

日本古来の「姫アジサイ」の鎌倉石の参道が一番人気の写真スポット順番を待ちながらパチリ!

人を入れないで撮影するのがむずかしい状態な境内の混雑(密)でした。

P1280351  P1280352

P1280330  P1280323

後庭園の花菖蒲は、残念ながらもう花の盛りは過ぎちらほら咲いているだけでしたが、密をさけホッと一息。

「モリアオガエルくん」を発見。何か心がホッコリ。姫アジサイの挿し木をして育てている(植木鉢で)場所もあり

参道で皆さんのお目もじにかかるのが4~5年との看板もありました。

P1280327  P1280334

いつも行列の出来る写真スポット丸窓(後庭園の菖蒲など)は、今年は解放されておりませんでした。

      <左の写真は、後庭園より見た本堂の丸窓です。>

P1280313  P1280349

P1280329 P1280331

境内には、姫アジサイだけでなく変わった種類のアジサイもありましたよ。3色になってるアジサイ。

今年も「赤地蔵」と「青地蔵「」さまが健在。どうぞコロナが終息しますようにとお祈りす。

2時間だけの駆け足鎌倉明月院散歩でした。

« ひまわり | トップページ | しっとりとした東慶寺の境内と紫陽花 »

ぶらり鎌倉散策」カテゴリの記事

コメント

鎌倉のアジサイと言えば誰でも”明月院”と・・・
ブルーに囲まれた参道がやはり印象に残ります。
コロナ感染の今年は出かける事が出来ませんでしたが
改めて行ったつもりで楽しく拝見出来ました。
有り難うございました。

あすかさん:

土・日は、混雑を避けて閉門している明月院です。
今年は紫陽花の鑑賞を諦めようと思った「明月院」ですがどうしても
明月院ブルーが見たくて行って来ました。
19日に、券をまたいでの移動が可能になったのでこの日は
県外からの参拝者も多かったですよ!
あまり人が密ですとやはり心配になりますね。今年も明月院ブルーが見れて良かった~!😊

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ひまわり | トップページ | しっとりとした東慶寺の境内と紫陽花 »