2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

スポーツ

2017年4月23日 (日)

ハマスタでDeNA対中日戦を観戦

4月21日(金) 3人娘のコンサートを楽しんだ後、横浜スタジアムで18時より行われる

「中日ーDeNA戦」の当日券が発売されていたので観戦することにする。本日から3日間

YOKOHAMA GIRLS☆FESTIVALが催され、女性限定スペシャルユニホーム付の

チケット販売になります。場外でも「ふっとマッサージ」や厚木ナイロン・有明ハーバー・

亀田製菓などのブ女性限定のブースがあり長蛇の列です。もちろん私もユニホームに

着替えて観戦&応援に参加です。若いお嬢さんに交じってばあば応援団登場?(笑)

P1200452

横浜スタジアムとチューリップのコラボは、春ならではの風景です。

P1200425 P1200439

噴水の回りの都市緑化フェアーのオブジェも、横浜スタジアムバージョンです。

P1200431 P1200442

今シーズン初 横浜スタジアムでの応援は、少し浜風が冷たかったですが、楽しかった!

応援歌「勇者の遺伝子」&球団歌「熱き星たちよ」も大きな声で歌うと気分がスカッとする。

もちろん筒香が打席の時は、「ゴーゴー!筒香!」と、年も忘れて応援です。happy02

P1200446 P1200445 
P1200448 P1200450

最終回まで観戦すると帰宅が遅くなり、電車も混む&応援疲れが出そうなので、名残

惜しいが早めに球場を後にする。

P1200447

昨日(22日)は、久し振りにツイストを踊りまた大声で応援したなごりで、体が何となく

だるい一日でしたのでゆっくり休養。(年には勝てぬとしみじみ感じます。)shock



2015年8月22日 (土)

NHK夏季巡回「ラジオ体操・みんなの体操会」に参加

今朝(8月22日) 午前6時より藤沢市秋葉台公園遊技場で行われた、夏季巡回「ラジオ

体操・みんなの体操会」に参加しました。まず会場へ午前5時に集合。「健康つくりサポー

ター」として、徒歩で来場の皆様への会場案内や、自転車・バイクで来場者の皆さんを

駐輪場&バイクの駐車場へと案内するスタッフボランティアをする。

Rscn6595_2

午前6時より会場へ入り、NHK第1放送で全国に生中継するにあたっての注意事項を

伺い、いつもはTV拝見している「多湖先生」を生で見て&生のピアノ演奏(加藤由美子

さん)のもと、みんなで体操するのはちょっぴり緊張もあった楽しい時間です。

Dscn6579

会場には、近隣の市民2000人以上の老若男女が集合し体操する様子は壮観でした。

公開放送終了後、多湖先生のユーモアあふれるワンポイントレッスンや頭の体操タイム。

脳からの指令と、自分の手足の動きがバラバラなのに愕然としながらも楽しい時間です。

多湖先生の周りには、参加者が集まり質問ぜめ。(丁寧に答えてくださっている写真)

Dscn6586

藤沢市みらい創造財団マスコットキャラクター「みらぞう」も参加。チビッ子に大人気!

参加記念のプレゼントは、オリジナルの「マグネットブックマーカー」とお箸セット。

Rscn6593 Dscn6596

公園内にある秋葉台体育館は、地元民に「カブト虫」の愛称で呼ばれているんですよ!

Dscn6592 Dscn6591_2

いつもより早起き(午前4時起床)なのはツラかったですが、初めての公開放送ラジオ体操

今まで勘違いで動かしていた体操が、ワンポイントレッスンによりしっかり体のどの部分を

使い動かすのかわかり、心も体もスッキリした体験でした。

2013年2月10日 (日)

学校唱歌 『鎌倉』の道をウオーキング

2月10日(日)穏やかでウオーキング日和の中を学校唱歌「鎌倉」を口ずさみ

ながらnote(?)自由歩行で約600名が鎌倉市内を歩きます。

<コース>

鎌倉大仏-長谷観音-極楽寺坂-稲村ケ崎(CP)-由比ヶ浜-若宮大路

-鎌倉宮(CP)-鶴岡八幡宮-建長寺-円覚寺-北鎌倉駅

大勢の参加者が鎌倉市内を歩くことになる為、CPを必ず通ればコースを少し

それて路地を歩いても”O・K”との説明あり。

鎌倉市役所前を通り長谷大谷戸の信号を左折し、鎌倉大仏前・長谷観音前を

通り、極楽寺坂を登り気合を入れてsweat01登り極楽寺前へとウオーキング!

Photo

CP(チェックポイント)の稲村ケ崎より「江の島と富士山のコラボ」を見てホット一息。

稲村ケ崎の広場は、ウオーカー・ランナー・サイクリングの人が小休憩しており

ちょっと混雑状態でしたよ。shoe dashrun bicycle

Photo_2

稲村ケ崎から穏やかな鎌倉の海を眺めながらサクサクとウオーキング!

由比ヶ浜では、朝採れたばかりの湯通しわかめのカーテンが暖かい日差しを

浴びて気持ちよさそうに揺れています。

<手前の乾いたわかめがもうすぐ出荷待ちかな?>

鎌倉のわかめは、採れたてを浜で「湯がき」「自然乾燥する」鎌倉名産品です。

由比ヶ浜海岸を滑川信号でバイバイup若宮大路へと歩き小町大路を通り

次のチェックポイントである「鎌倉宮へ」とウオーカーのピッチは上がりますupwardright

鎌倉宮で小休憩(水分補給)し、鎌倉の細い路地を鶴岡八幡宮境内の方へ

行く途中天神に寄り道です。(お参りと梅の開花様子を確認のため)

Photo_3

受験の神様とあって大勢の参拝者で境内が溢れています。

拝殿の両側に、白梅と紅梅があるのですが紅梅は開花していましたが

白梅はまだ蕾のままの状態です。今年は寒さで開花が遅いようです。weep

鶴岡八幡宮境内を横切り、混雑する鎌倉街道の渋滞を横目に巨福呂坂洞門・

建長寺前を通り北鎌倉駅へとラストスパートのウオーキング!shoe

Photo_4

北鎌倉駅近くの民家で、白梅が開花しているのを1枚パチリ camera

ゴールに午前11時45分到着。12キロのウオーキングです。

Photo_5

本日のお土産は、ミニワンの「ショコラスティック」もっちりとした食感に

ほろ苦い大人の味がマッチ!scissorsハッピーバレンタインボックスでしたので

ダンナにひと足早いバレンタインチョコ(?)かなhappy01

2013年2月 4日 (月)

藤沢宿 遊行寺まで節分ウオーキング!

PhotoPhoto_5

2月3日(日)ゆっくりウオーク「節分ウオーク」例会に参加。

小田急江ノ島線六会日大前より5分の「六会駅前公園」に430名が集合。

コース説明・注意事項・ストレッチ体操後 3班体制に分けて出発です。

ゆっくりウオークは、通常例会の速度よりゆっくり歩き初心者の方も楽しめる

例会なのですが、本日は特別 遊行寺でおこなわれる豆まきの時間までに

到着出来るよう1・2班は通常ペースでのウオーキングなります。

3班は,本来のゆっくりウオーキングをし、参加人数が多いので小休憩の

場所も三カ所に分かれて行いました。

集合場所の公園より市街地を狭い道路は一列歩行で、地元の雲昌寺の

境内を抜け日本大学の広々とした農場を見ながら境川へとウオーキングです。

鐘楼の写真は、開基が道済入道(北条政子の弟である義時)曹洞宗の雲昌寺。

2班の小休憩場所は、天王森泉館です。明治時代に清水製糸場として建設され

現在は、天王森泉公園の拠点になっており節分の準備がされていました。

館内で2月中旬より吊るし雛を飾りますが、とても華やかな催しとなります。

Photo_6

天王森泉公園に咲いていたソシンロウバイ・・・甘い香りが回りに立ち込めており

花の少ない時期、真っ先に早春を届けてくれる花です!

東俣野中央公園で楽しい昼食タイム後、田園風景を楽しみ境川沿いを歩いて

節分会場である遊行寺へと早足ウオーキング(開始時間に間に合うようにと・・)

Photo_494

遊行寺山門前で流れ解散後、豆まき会場へと移動。会場は、すでに豆まきを

待つ人が人垣を作っていました。思わず「ここまでは豆が届かないよ~」と

つぶやいてしまいます。境内につくられた舞台では、西富ばやしの演奏も・・・!

御年94歳の遊行上人様始め年男・年女の皆さんで豆まき開始。

人波に押されながら福豆をゲットしようと頑張ったのですが、収穫はゼロ。

獲らぬ狸の皮算用で、自転車を目指したのに残念!weep weep


Photo_7Photo_8

ここより自宅まで歩こうと黒門まで参道を歩いていたらとっても美味しい匂いに

誘われて「安納芋の焼き芋」を購入し、熱々をふうふういいながら食べ歩き。

福豆はゲットでずトボトボの帰り道なのにshoe shoe、なぜか身も心も温まり

帰路の途に着いた15キロのウオーキングになりました!(自宅まで)

Photo_9

壺焼き芋器の中をのぞくとこんな感じでしたよ~。

<関東の焼き芋とは全然違いますよね~。>

2012年12月 3日 (月)

鎌倉の紅葉「秋深き獅子舞谷」

12月2日(日) 鎌倉歩け歩け協会の例会「秋深き獅子舞谷」に参加。

今季一番の寒さの朝 上着を1枚余分に着込んでJR横須賀線の鎌倉駅へ。

約300名のウオーカーは、コース説明後(山道を歩くので)入念にストレッチ

をおこない3班に分かれて小町通りから一列歩行でウオーキング開始。

いつも混み合うのコーヒー店「イワタ」では、もう観光客の行列が・・・!eye

<コース>

鎌倉横浜銀行駐車場-小町通り-鶴岡八幡宮-鎌倉宮(小休憩)-獅子舞谷

-天園ハイキングコース-鎌倉カントリークラブゴルフ場-散在ガ池(昼食)

-今泉台6丁目公園-覚園寺-鎌倉宮-鶴岡八幡宮(ゴール)

Photo

獅子舞谷のハイキングコース入口<細い谷戸の道を一列歩行で歩きます>

Photo_2

鮮やかな紅葉には、少し早いようですが柔らかなオレンジの色合いもステキ

大勢のハイカーですので、狭い山道を譲り合う合間にゆっくり紅葉の見物maple

Photo_4

獅子舞谷 ⇒ 名前の由来の苔むした「獅子頭岩」ですが、獅子に見えますで

しょうかsign02 

Photo_10


空を眺めると柔らかな日差しに、フッと森全体に包まれているような癒しを感じ、

ウオーカーも自然と優しい笑顔で挨拶を交わしています。happy01

Photo_5

私達は鎌倉宮より登って来ましたが、建長寺方面より天園ハイキングコースを

歩いた場合獅子舞谷へは、ここより入り鎌倉宮の方下ります。この谷はいつも

湧き水がわいているの沢もあるので下りは特に注意が必要です。

< shoe 必ず滑りにくい靴を shoe >

Photo_6

天園コースにある茶屋「カマク天園」 ここからの眺めは抜群なのですが

今回は団体歩行なのでスルー(けんちん汁のような豚汁美味しいのにな~)

Photo_18

天園コースより鎌倉カントリーゴルフクラブゴルフ場前を通り下った場所の紅葉

Photo_21

湧き水がしみ出る鎌倉らしい風景(石切り岸)夏でもひんやりの場所なんですよ

Photo_20



Photo_8

通称「鎌倉湖」の散在ガ池で昼食タイム。湖面から吹く風が冷たく感じます!

ウオーキングの先輩と話をしながら食べるおむすびは、何時もより美味しいな!
Photo_11

奥の方にオシドリの夫婦が住んでいるのですがウオーカーにびっくりしたのか

顔を見せてくれませんチョット残念。湖面に映る紅葉もキレイでしょう~maple
Photo_12

up このような真っ赤な紅葉や down 優しい色いあいの紅葉を見ながら

Photo_15

覚園寺分岐の足場の悪い道を慎重に下り鎌倉宮より市街地へ下ります。

Photo_16

鶴岡八幡宮は、いつも大勢の観光客で賑わっており屋台もいっぱい出ています

Photo_17

源平池は、半世紀ぶりの池底の泥をすくう浚渫工事をしていました。

<長年にわたり土砂が流入し水深が浅くなった為だとか>

来の夏には、ハスの花が見られるのかな~!sign02

獅子舞谷は、まだ少し紅葉には早かったが楽しい15キロのハイキング終了。

2012年11月20日 (火)

「歴女(?)のワクワク散歩」 おだわらツーデー2日目

11月18日(日)のおだわらツーデーマーチ2日目は、快晴の中スタート

今回は10キロにエントリーし、戦国時代を偲ぶ小田原城総構コースを歩く。

Photo_12

北条太鼓の皆さんより力強い太鼓の応援を受け、ウオーキングもより一層

楽しくなる予感がしま~す!happy01

<コース>

銅門広場-小田原文学館-松永記念館-城南中学校-小峰御鐘ノ台

-小峰御鐘ノ台大堀切-城下張出-緑町駅-江戸口見附-北条稲荷

-かまぼこ通り-小田原宿なりわい交流館-銅門広場(ゴール)

Photo_13

箱根口門跡は、山の丸小学校の前にひっそりと残っています。

Photo_17

電力王と呼ばれた松永耳庵が設立した松永記念館にチョット寄り道。

四季折々に楽しめるお庭は、木々が紅葉して彩りを添えています。

大和国長岳寺五重石塔(平安時代)の案内板がある石塔も存在感があります。

長岳寺とは奈良の山之辺の道三輪山の近くにあるあの風情のある寺かな?

Photo_18

戦国時代の小田原城の特色を表している小峰御鐘ノ台大堀切。

敵の攻撃を防御する空堀で幅が約20m~30m、堀底から土塁の上面までは

約12まり堀の法面は50度、という急な勾配です。(大会ガイドブックより)

秀吉の小田原攻めに対し後北条氏がこの総構を完成させたのかと考えると

自然と足取りも軽くワクワクしながらのウオーキングになります。shoe

Photo_19

大堀切は、甲冑隊の皆さんに応援頂いての少しの山道登り!

合図のこのドラ(太鼓?)を、私も打たせて頂きましたよ~ happy02

Photo_20

ウオーキング道すがら皇帝ダリアが咲いているのを見つけ1枚 camera

Photo_3

相模湾・小田原市内の展望が良い場所でちょっと一息給水タイム
Photo_21

城下張出より市街地に下り小田原城総構の東端に位置する江戸口見附跡

ここは江戸日本橋より20里(約80キロ)あり一里塚跡も側にあります。

Photo_2
Photo_22

後北条氏ゆかりの北条稲荷と蛙石(かわずいし)

カエルのようなこの石は、小田原に異変がある時鳴くと云われ、小田原落城の

際は、夜な夜な泣いたと云われています。(案内板より)

最近ではパワースポットの一つとも云われていますが・・・・?

Photo_23

Photo_24

ゴール後 小田原城天守閣をゆっくり見学。(本日は、ゼッケン提示で無料)

小田原の歴史を伝える甲冑・刀剣・絵図・古文書に古を思い浮かべながらの

見学時間は、歴女にとって至福の時間で~す!lovely

Photo_25

最後に小田原駅のカフェでちょっと一息・・・(アイスカフェオレとケーキで)delicious

嬉しい出会いのおだわらツーデー1日目

11月17・18日の2日間 城下町おだわらツーデーマーチに参加しました。

空は、朝からどんよりとした雲で覆われ降水率80%の天気予報にしっかりと

雨具を用意しての参加です。20キロの「川の風感じる富士見散策コース」に

エントリーし富士山の風景を楽しむ予定だったのですがあいにくの天気・・・!

Photo

「城下町おだわら」の出発式は、北条手作り甲冑隊に見送られての出陣です。

<20キロ 川の風感じる富士見散策コース>

銅門広場-かまぼこ通り-北条稲荷-酒匂橋-川東タウンセンターマロニエ

-富士道橋-小田原アリーナ-富士見大橋-酒匂川土手-飯泉観音

-小田原大橋-お堀端通り-ゴール(銅門広場)

Photo_16

銅門広場より第3組目に出発し、古の風情を残すかまぼこ通りをゆっくり歩き

小田原総合ビジネス高校より国道一号線沿いをウオーキング!

この場所は、お江戸日本橋より82キロの地点になるんですね。

Photo_3

酒匂川にかかる酒匂橋より川原を眺めた風景は、晩秋の風情が感じられます。


Photo_4

川の中洲で、シラサギ・海鵜・カルガモさん達の会議中かな・・・?smile

Photo_5

コース途中の養魚場・・・雨で池も濁りキレイな模様の鯉をeye発見できず残念!


Photo_6

広々とした足柄平野を、雨に降られながら関口川沿いに歩き農家の庭先に

彩り鮮やかなざる菊を見ると、ホット心がやすまりますね~!confident


Photo_7

チェックポイントの小田原アリーナ付近の紅葉も色付き、葉をすっかり落した

木々や緑葉樹とのコントラストがステキな風景の1枚 camera


Photo_8

Photo_9

次の給水場所坂東三十三観音の五番札所「飯泉山勝福寺(飯泉観音)」

地元の自治会の方が接待をして下さいましたよ。

雨に打たれた寒い体には、温かいお茶japaneseteaがとっても有り難かったです。happy01


Photo_10

仲良しさんの可愛い飯泉道祖神さまに見送られて後半6キロスパート開始!

Photo_11

晴れなら酒匂川土手歩きも、箱根の山々・富士山がキレイに見える場所。

雨のこの日は、一路 酒匂川の小田原大橋を渡り小田原市街地を目指し

サクサク歩きで銅門にゴール 12時45分 22キロウオーキング終了。

ゴールで完歩のくじを引き賞品は、「曽我の梅干し」でした。

つみれ汁で体を温め雨具の中で蒸れ濡れた衣服を着替えていると場内放送で

自分の名前が呼ばれあわてて本部まで行き、福岡のYさん御夫妻と無事

再会することが出来ました。

Photo

釜めし屋さんで、ビールで乾杯後 <ウオークの話・お仕事の話など>

楽しく語らい 大好きな栗饅頭や今話題のゆるキャラ「くまモン」のグッズなど

お土産を頂戴し、嬉しい時間を過ごすことが出来ました。happy01 happy01

2012年10月 6日 (土)

鎌歩協20周年記念ウオーク(流鏑馬見学)

Photo

10月6日(土)鎌倉歩け歩け協会20周年記念ウオークに参加。

360名の参加者と共に、山道を歩くので十分にストレッチ体操し

いざ出発です。(鶴岡八幡宮にケガなく歩ける事をお願いしながら)

<コース>

鶴岡八幡宮-衣張山(平成巡礼の道)-ふれあいの森-名越切通

-亀ヶ岡団地-小坪海浜公園-材木座海岸(流鏑馬)-若宮大路


Photo_2

鎌歩協20周年を祝い鎌倉生まれの「玉縄桜」を植樹した

衣張山に上り育成状況を見て回ります。

源頼朝が夏の日差しが照りつけるある日、この山を白絹で覆わせて

雪山に見立て、屋敷から眺めながら歌を詠み、酒宴をひらいて

夏の涼をとったという伝説があり、衣張山(きぬばりやま)の

由来になっています。

Photo_3

名越切通⇒鎌倉から三浦方面に通じる要路(国指定史跡)

「武家の古都・鎌倉」世界文化遺産構成資産に含まれている場所

Photo_4

まんだら堂跡のやぐら群⇒本日より公開されていました。

Photo_5

山道に可愛い形の珍しい白いキノコが生えていたので1枚パチリ

Photo_6

材木座海岸で流鏑馬の神事を見学

「天下泰平・五穀豊穣」を祈り天と地に対して満月に弓を引きしぼる。

会場で「流鏑馬の歴史などの解説放送」とパンフレットも頂戴し

より一層親しみをもって楽しむことが出来ました。

Photo_7

奉射の的(五色的)

Photo_8

馬に乗ってかけながら弓で的を射る様子

Photo_9

二回目は、板の的

Photo_10

三回目は、土器二枚を合わせた(中に五色の切り紙を入れ)的

矢が的中すると土器が砕け花吹雪が舞い素敵でしたよ。

Photo_11

颯爽と波打ち際を駆け抜ける「流鏑馬」

「ウオークと流鏑馬見学」楽しい一日でした。

海岸での見学・・・会場側には、万が一の津波に備えて防災関係の方の

待機もあり、流鏑馬の前に避難誘導の道の案内もありましたよ。

2012年8月18日 (土)

「座間のひまわりウオーク」

8月18日(土)

相模原市ウオーキング協会主催の「座間のひまわり」ウオークに参加。

小田急江ノ島線・田園都市線の中央林間駅より5分のこども広場に集合。

本日も330名程の参加者がコース説明・ストレッチ体操後ウオーク開始。

<コース>

子供広場-かにがさわ公園(小休憩)-谷戸山公園-

里山体験館(小休憩)-ひまわり広場(一次解散)-座間駅

Photo_2
こども広場から市街地を抜け座間市に入るとひまわりのマンホールが

参加者を迎えてくれましたよ。

Photo_3
小休憩した「かにが沢公園」の片隅に咲いていた「キツネノカミソリ」

「なんでこの名前がついたのかな~」と参加者の声が・・・・kissmark

春先にのびだす白みがかった葉をキツネの剃刀にたとえた名前と、

聞いたことありましたっけ~。ear

Photo_4
谷戸山公園の広大な緑多い散歩道を上り下りしながら里山体験館の前に

水分補給の小休憩。凍らせたゼリーをお互い交換しながら食べちょっと

一息のタイムです。体験館前には「ひょうたん」が下がって夏の装いを!

ここより目的のひまわり畑へとウオーカーは急ぎ足になります。

空は暗くなり、遠くに雷の音も(ゴロゴロとthunderthunder

Photo_5

               座袈依橋周辺のひまわり畑

この時期 座間市内は、5~6か所に時期をずらして種をまき、55万本の

「ひまわりの花」がどこでも見られるようです。

Photo_7
                 アップのひまわり娘

もう少しひまわり畑で楽しみたかったのですが大粒の雨と稲光・ゴロゴロの

音に追われるように座間駅に急いでウオーキング終了。(13キロの歩き)

ゆっくり「ひまわり畑」を見て歩きたかったのですが、雨宿りする場所も

ないので断念

2012年6月30日 (土)

伊豆半島ぐるり一周ウオーク「第19回 熱海~丹那」

ブログにアップするのが遅くなりましたが、

6月19日(火)台風4号が日本列島に向かっている時に行われたウオーキングです。

幸い 歩いている時は、嘘のように雨が降ることがなくウオーキングをする事が出来ました。

<コース>

熱海自然郷-玄岳インター(伊豆スカイライン)-氷ヶ池-熱海函南道路

ー丹那断層-酪農王国オラッチェ

熱海自然郷で、十分にストレッチ体操をおこなった後悪天候に供えて

しっかり雨具を準備してのウオーキング開始です。

さすがに上りの山道は、昨夜の雨で足場が悪いと想定しコース変更。

熱海新道を歩いて、伊豆スカイラインの玄岳インターまで行くことになる。

Photo

雨は降っていないのですが霧の中の

ウオーキングになりました。

「ミストで肌も潤うよね~」happy02

丹那の方に下りたらお肌もプルプルに

なっているかも~?」などと冗談を言い

あいながら上り坂を歩く11人です。

Photo_2

ほとんど車も通らず貸し切り状態での

ウオーキングになりました。

リーダーが「一人減っても増えても(?)

困るのでちゃんと付いて来て下さい。」の

冗談にすこし”ゾクッ”となりながらの歩きを

1時間ほど・・・。

Photo_3

伊豆スカイライン玄岳インターの付近は、

海抜 632mあります。

ここより少し先で伊豆スカイラインの

下をくぐり、くま笹をかきわけ氷ヶ池へ






Photo_4

氷ヶ池は、明治の頃「冬の間に凍った池の

氷を切りだして近くの氷室に保存しておき

夏に熱海まで売りに出かけていた。」と、

リーダーより説明あり。

途中明るくなったのに、又もや池の周りは

霧の中で周りが見えない状態に・・・。

池で小休憩後、クマザサに覆われた山道をかきわけながら上り下りの道。

スズダケが覆いかぶさる場所もあり、頭上注意と足元注意で緊張しながらウオーキング。

写真を撮る余裕もありません。camera coldsweats01

途中 玄岳(798m)の登山コースを歩き丹那の方へとウオーキング。

Photo_5

振り返ると「玄岳」が顔を覗かせてくれました。頂上まではいきませんでしたが周りを

歩いた達成感でちょっと嬉しいウオーカー達です。

Photo_9丹那断層は、伊豆半島の北東部にあって

南北に伸びる断層です。伊豆半島内でも

活動度が高い断層として知られている。

地震の影響で、水路が右横にずれて

しまった場所です。

Photo_11


穏やかな丹那盆地の断層地下には

地震発生能力のある震源断層があり

過去に9回もの地震を引き起こしたことが

調べられているそうです。

Photo_12

Photo_17
クマザサ・スズダケの山道をかき分け、頭上注意・足元注意と緊張しながら歩いてきた

ウオーカーをゴールの酪農王国オラッチェの羊くんが優しく出迎えてくれました。

本日のウオークご頬美は、ミルクたっぷりのソフトクリームと熱海の露天風呂。

帰路は、雨と風が強くなり神奈川へ台風を連れて行く感じになりました。

歩いている時には、ほとんど雨が降らなかったのは晴れ女が2人もいたお陰かな?