2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

日記・コラム・つぶやき

2017年3月12日 (日)

春のファミリーコンサート

3月12日(日) 早目に昼食を食べ、散歩しながら市民図書室まで本を返却に行く。

公民館ホール前に、「第28回春のファミリーコンサート」の看板が出ているのを見かける。

こちらの公民館を利用しているサークルのコンサートがあるとの事。

P1190826

パンフレットに書いてある『入場無料 どなたでもどうぞnote』の文字に誘われて会場へ!

なんと会場内は満席でしたので、一番後ろで立ち見のコーラス鑑賞になりました。

曲目に、昔PTAのママさんコーラスで発表した曲があり、「アルト」のパートで練習した事を

思い出しながら自然にリズムを刻む私です。notes notes

P1190827

下記↓ のグループの皆さんは、視覚障害者と晴眼者の混声合唱団だそうです。

「メンバーはそれぞれ点字・拡大・楽譜・暗譜と本人に合ったもので歌う。」と、

パンフレットに記載されておりビックリ・・・ぜんぜんハンディキャップを感じることなく

優しい歌声&時には力強い歌声に聞き入りました。参加者には私と同じシニアの方も

多かったですが、舞台では皆さん若く輝いて見えました。又オカリナの演奏やウクレレ

そしてアコースティックギターによる演奏もあり楽しい時間を過ごすことが出来ました。

最後に発表した男声合唱団の力強う歌声は、まだ耳に残っており口ずさんでしまいます。

P1190825

その後、坂の多い街を30分ほど散策して帰宅。心も体もリフレッシュできた半日です。

2017年3月 7日 (火)

嬉しいニュース「1141人復興イチゴ狩り」

3月6日(月)の新聞社会面に、嬉しいニュース「1141人 復興いちご狩り」が掲載された。

東日本大震災の津波で、大きな被害を受けた宮城県亘理町のイチゴ生産農家ですが、

復興交付金を利用しビニールハウスを大型化&集約して、「イチゴ団地」を造っている。

イチゴ栽培のビニールハウス内で、「同時にイチゴ狩りをした最多人数」のギネス世界記録に

挑戦、震災からの復興と感謝の気持ちを表したとのこと。(5分以内に、1141人がイチゴを

同時に摘んだと認められて、世界記録を達成した。)故郷は、東北一のイチゴ産地として

知られおり、イチゴのビニールハウスが点在する町でした。先日 小学生時代の同級生よ

り亘理町イチゴ「もういっこ」が届き、大きな粒のイチゴを故郷を思いながら食べました。

季節は巡り、梅の花や河津桜も散り、桜「ソメイヨシノ」の開花が待ち遠しくなります。

でも今日から季節が冬に逆戻りとの予報・・・・・!

P1190767

食器棚を整理していたら、8年以上前に購入した「横綱 稀勢の里」が描かれた湯のみが

奥にありました。三月場所は、この湯のみでお茶を飲みながら応援しようと思っています。

P1190765

2017年3月 2日 (木)

”案山子”を歌いながらの体操でリフレッシュ!

3月1日(水) 地元の公民館で開かれた「歌と体操で、心と体をリフレッシュnote」の講座に

参加する。インフルエンザは治癒したが、運動不足気味だったので丁度いいタイミングで

受講ですることが出きた。イケメンと評判の、音楽療法士さんが奏でるピアノ伴奏に合わ

せて受講者が一緒に楽しく歌う時間は、タイトルの様にリフレッシュできましたよ。

P1190650

冊子には、春の歌の歌詞が満載です。「うたの本」を片手に、ピアノ伴奏で声を出すと、

気分がリフレッシュする感じ、心がほっこりします。「うれしいひなまつり」・キャンディーズの

「春一番」・イルカの「なごり雪」おまけに「浪花節だよ人生は」まで・・・・・・!

P1190646

「幼稚園のお遊戯会じゃあるまいし、歌いながら手を叩いたり足を鳴らしたりして

いられないよ。」という人もおられるが、私にはとっても新鮮な時間でした。

ボランティアをしている時に、市民の方から「このような講座どうなんでしょうね。」と、

質問があったので実際自分が体験すると話が広がりますから良かったです。

参考までに、下の↓「案山子」の歌で体操してみて下さい。頭の体操にもなりますよ。

歌詞に ”の” が付いた場所で足を鳴らし、”か” で、手をたたく動作を繰り返す、

意外と簡単ではないですよ~!最後に、音楽療法士さんの、ピアノ演奏も楽しむことが

出来、ぎゅっと詰まった70分の講座修了でした。無料というのが何より嬉しかったかな

P1190652

2017年2月20日 (月)

楽しかったハーモニカコンサート

2月18日(土) 知人が参加するハーモニカのコンサートを、河津桜が満開に咲いている

広場のある市民会館へ聴きに行く。ハーモニカのコンサートを聴くのは、20年ぶりかな?

P1190637

会場に入ると、大勢の観客で空いた席を探すのがちょっと大変。周りの方に、迷惑を詫び

ながら列真ん中にあった空席へ座る。友情出演の「信州国際音楽村ハーモニカメイツ」の

皆さんと茨木県「那珂ひまわりハーモニカ」の皆さんを含めて、12グループが演奏です。

最後に、特別ゲスト(甲賀一宏さん&オジョイメイ・トリオ&厚木ひまわり)の特別演奏も

楽しむことが出来ました。演奏に引き込まれ小声でハミングしている人もいましたよ。

P1190633

皆さんが活き活きと楽しそうに演奏している様子は、題名の通り「キラキラ」しています。

バス・コードハーモニカ・クロマチックハーモニカを、巧みに使い演奏する姿にびっくり

そして音色に癒されり&元気も貰うことが出来ました。

P1190635

複音ハーモニカコンクールのジュニア部門で活躍したキッズも軽やかに合奏です。

また独奏も、落ち着いてしっかりと複音ハーモニカを奏でてくれました。

P1190634

ゲスト特別演奏で特に心に残ったのは、日本を代表するコードハーモニカ奏者である

大矢博文さんと一緒に、姪&甥の三人で奏でる演奏でトークも含め堪能しました。

子供の時吹いた事のある「単音ハーモニカ」とは違った奥の深い演奏は、まさに圧巻!

帰路は、足取りも軽く「早春譜」や「明日があるさ」の曲をハミングしながら駅からサクサク

歩きをし家路に着く。ベランダから眺めた夕焼け富士山もキレイな日でした。

P1190640_2

2017年1月14日 (土)

久し振りの「新江ノ島水族館」

1月12日(木)新江ノ島水族館まで年間パスポートを作る為出かける。自宅を出る時には

感じなかったが、小田急片瀬江ノ島駅の改札口を出ると風が強いのにビックリする。

竜宮城のイメージが浮かぶ、「小田急片瀬江ノ島駅」屋根に網のようなものが見えたので

鳩除けかなと思ったら、イルミネーション用のLEDでした。イルミネーションを纏って

浮かび上がる駅舎は、きっと幻想的でおとぎ話の竜宮城の様な感じになるのでしょうね。

Photo

風が強いのでコートのフードを被り「新江ノ島水族館」へと向かう。先日同級生と江の島で

会った時に手続きをする予定で、ネットで予約を入れていたが時間の関係で寄ることが

出来ず、期限も迫って来たので少し慌て気味の「年間パスポート」作成です。

大好きな海月(クラゲ)・・・本日は青クラゲも見ることが出来るが、お正月疲れが出て

いるのかな~少し元気がなさそうに見えるのは、気のせいかな?

Photo_2  

ペンギンさんの、前でしばらく佇み眺めていると、チョッピリ癒されます。(笑)

最近TV放映で見た小樽水族館の「飼育員の指示をきかないペンギンショー」が話題に

なっているのを思い出しながら眺めていました。penguin penguin penguin

Photo_3

酉年にちなんだ企画展の水槽もありました。我が家も今年一年、「この魚にあやかって

寄り添って過ごしたいな~。」と密かに心で思い眺めた水槽の魚たち。fish fish

Photo_4

午後3時に予定が入っており、ゆっくり水族館を見ることが出来ませんでしたが、

年間パスポートを作ったので、また時間を見つけ訪れ癒しの時間を楽しみます。

Photo_5

2017年1月 7日 (土)

言葉

先日(1月4日)七福神めぐりウオーキングした時に、白梅の青空に映え清楚なそれでいて

凛とした佇まいに、清々しさを感じると共に心が癒される。

P1180861

また柏尾川沿いの水仙ロードの寒い季節に凛と咲く「水仙の花」にも、元気を貰いました。

花の少ない冬の季節に咲く花は、しなやかでいて強さを感じます。

P1180870

七福神めぐりで見かけた(雲林寺の門の脇掲示板)の言葉は、日常生活でしらずしらず

渋い顔(仏頂面)になってしまう私に「一石」を投じられたよう感じました。

今年はこの言葉を私の心にも頂戴し、家族はもちろん趣味の仲間・ボランティアの仲間と

交わっていきたいなと思う。今年のモットーは、「笑顔」に決まり!happy01 happy01

P1180860

2017年1月 6日 (金)

戸塚宿七福神めぐり

1月4日(水) 夫の50年来のお仲間さんと一緒に、「戸塚宿七福神めぐり」をする。

戸塚在住の方の好意で、手作りの地図を作成&案内役をして頂きました。

私は、昨年の正月「駅ハイ戸塚駅 新春東海道戸塚宿七福神巡り」イベントでこのコースを

歩きましたが、ガイド付きの「戸塚宿七福神めぐり」もまた新鮮でおしゃべりしながら楽しく

巡る事が出来ました。ただ期間限定での参拝記念スタンプの押印となっており、今年は

5日より実施の為、押印や本堂内の拝観をすることが出来ず残念でした。

➀ 日蓮宗「妙秀寺の弁財天」より参拝です。実施期間外の為、伝・傳大師作と云われる

「弁財天」は、本堂内におられるのでもちろん拝観はかないませんでした。穏やかな

日差しの中ウオーキング途中、蝋梅の花を見かけたが、そこはかとなく甘い香りが漂う。

P1180851 P1180855

② 「寶蔵院の毘沙門天」さまは、本堂内で拝観することが出来ました。この寺は、伝

弘法大師開山の寺と伝わる。昨年は、甘酒の接待があった事を思い出しながら拝観です

P1180852 P1180854

③  浄土宗「来迎寺の寿老人」 子育て呑龍上人さまの寺として昔から賑った寺。

寺の門脇にあった掲示板の言葉が、心に響きます。自分の立場をわきまえず人の事を

羨ましく思ったり、私もと欲をかいてしまう自分には、戒めの言葉です。

P1180857 P1180856_2

④ 緑多き裏山に囲まれた雲林寺では、長い釣り竿を手にした「恵比寿」さまが、笑顔で

迎えて下さいました。この寺は、北条政子により天台宗のお寺として創建された寺ですが、

政子が亡きあと廃寺となる。1403年に、竹ノ下小次郎により修復された。パンフレットに

よると竹ノ下小次郎は和田義盛の末裔で、和田の乱後北条氏の権力を恐れ、この地の

地名竹之下と名を変えこの地に住んでいたと伝わる。(曹洞宗の寺)

P1180867 P1180866

⑤ 臨済宗円覚寺派の高松寺(こうしょうじ)は、「大黒天」様を祀る。寺の山頂高松塚には

開祖の墓があり、江戸から明治にかけ戸塚に在中していた歌人・俳人も眠っている寺。

鐘楼門が珍しいと、仲間達と下から鐘を覗いたり彫刻眺めながらチョット一息タイム。

P1180863 P1180862

⑥ 臨済宗円覚寺派の海蔵院は、七福神の「布袋尊」を祀る。豊臣秀頼の娘(天秀尼)

ゆかりの寺として知られる。戸塚宿澤辺本陣により中興された寺。只今工事中でしたが

山門の龍の彫刻は、左甚五郎の作と伝わる。境内には、「もちあげ地蔵」と呼ばれる

六地蔵さまが祀られている。お願い事・悩み事の成就など参拝し続けると願いが

かなった時、この地蔵様が軽々と持ち上げられると伝わる。(今にも倒れそうになるくらい

細くなっている六地蔵さまもおられました。)

P1180864 P1180865

⑦ 時宗の親縁寺では、七福神の「福禄寿」さまが迎えて下さいました。赤いじゅうたんが

敷かれた本堂の階段を上り、ご本尊の阿弥陀様をお詣りする。境内には、高浜虚子の

句碑がありました。「茂り中 日限地蔵の 旗つ々く」静かな境内には、白梅が咲いて

おりそこはかとなく香りがただよい癒される。

P1180868 P1180869

最後に、お仲間さん達が若かりし頃集った「清源院」へウオーキング。こちらにも七福神

「毘沙門天」がおられるが、ただいま工事中でした。家康の側室お万の方が創建の寺

銅葺屋根の新しい本堂を眺めながら、思い出を語り合う仲間達でした。当時とのあまりの

変りようにしばし絶句していましたが、次々と思い出を話し青春時代の面影をたどっている

60・70代の仲間達でした。(葵の御紋が金色に光っていた本堂の屋根です。)

P1180872

その後近くの店で新年会を行い、最後はカラオケ店で肩を組みながら「若者たち」を

唄いお互い頑張ってまた会おうと別れた、1月4日の「戸塚宿七福神めぐり」でした。

2017年1月 3日 (火)

「第3回箱根駅伝」復路の応援を遊行寺坂沿道で!

1月3日(月) ”第93回東京箱根間往復大学駅伝競走”復路8区の応援に行ってきました。

本日は、少し早めに自宅を出、「遊行寺坂」看板そばの沿道にて応援です。遊行寺境内の

フェンス越しに応援する人や、向かい側の諏訪神社の階段から応援する人もいます。

P1180804

1位の青山学院大学の選手の写真は、背中のみでしたので応援旗を、パチリ(笑)

P1180812

箱根駅伝の8区を走る各大学の選手が目の前を次々駆け抜けてゆきます。

P1180805 P1180806 
P1180807 P1180808 
P1180811 P1180801

ふじさわ宿交流館では、大型TVを放映するサービスを行っていましたよ。駆け抜けて

行った選手が、戸塚中継所でたすきリレーする様子をしばしTV観戦する。

P1180803_2

今年も穏やかな天気の中「箱根駅伝」を応援することが出来ました。TVでは、もうすぐ

大手町に選手がゴールする瞬間を待ち構えています。

2017年1月 2日 (月)

今年も2日は、箱根駅伝の応援です。

1月2日(月) 今年(2017年)の正月も沿道から「箱根駅伝」の応援をしました。

自宅を出るのが9時30分と遅くなった為、電車で小田急線「藤沢本町駅」まで行くことに!

やはり例年より沿道に着くのが遅い為、前の人の頭越しの応援となってしまう。

しかも遊行寺坂の方へは人が多すぎて行けず、藤沢橋交差点から反対方向の沿道での

応援となる。孫の進学した大学もエントリーしているので、今年の応援はいつもより

力が入る私達です。残念ながら重なって写真が撮れずガッカリです。weep

でも 一生懸命に走る選手の姿に、元気をいっぱい貰いさわやかな気分になりました。

P1180734 P1180745 
P1180740 P1180744

2位で藤沢を通過した早稲田の応援ブース(自動車整備工場)で盛り上がってる様子。

P1180743

藤沢駅の方へ歩いて行くと構内では、駅伝グッズの販売中。大勢の人が購入しています

P1180735 P1180736

地元のデパート食堂街でランチをした後、催事コーナーで写真家「岩合光昭さんのネコ

写真展」を、ゆっくりと癒されながら鑑賞です。ネコのLINEスタンプもなかなか可愛いな。

P1180733 P1180750

電車に乗る前に、駅の広場からアンデスの音楽が聞こえたので、少し軽快な音楽を

楽しんでから帰宅です。

P1180742

2016年12月23日 (金)

平塚中村屋の大番(どら焼き)

12月22日(木) 駅ハイに参加する楽しみは、ウオーキングはもちろん歴史&自然(特に

草花)を愛でることですが、最近その土地の美味しい品を食べるのも目的になっています。

今回の駅ハイin平塚では、作家「獅子文六」氏が好んで食べた平塚「中村屋」さんの

どら焼き「大番」を購入する。獅子文六氏が大磯に住んでいた頃、中村屋のどら焼きを

愛好されており、映画化された作品「大番」の名前を直筆で書いた頂いたとの事。

私にはちょうど良い甘さの小豆で、ほど良い大きさのどら焼きは食べやすく美味しかった。

P1180640

新宿「中村屋」からのれん分けした昭和初期創業の平塚「中村屋」さんの店先に、

どら焼き「大番」の云われが貼ってありました。3年ほど前に、ウオーキング仲間からの

差し入れを1/4食べたことがあり今回は、1個を一人で食べ大満足でした。(笑)

P1180645

2か所目は、カンパーニュ平塚店の工場直売所で抹茶大納言ロールケーキを購入。

5~6軒先に、工場があるので商品が少なくなるとすぐ工場から品物が補充される。

P1180626

本日は、抹茶大納言ロールケーキが特売になって550円でしたのでラッキー!scissors

小さめのケーキの詰め合わせや、ケーキ・カステラの切り落としも大変お得です。

私は、濃厚なカスタードクリームがサンドされている「ミルフィユの切り落とし」も購入。

今年のクリスマスは、ロールケーキとサラダと鶏もも・紅茶で決まりです。delicious

P1180657

今朝の富士山⇒⇒肉眼では、雪の量が少し少なくなっている様に見えます。

P1180654

平塚駅ハイのウオーキングの様子は、後ほどブログアップする予定。

より以前の記事一覧