2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

映画・テレビ

2017年9月17日 (日)

東海道線藤沢駅よりひと駅ウオーキングして「関ヶ原」を鑑賞する。

先日  藤沢駅より東海道線沿いをひと駅ウオーキングをしてシアターまで行き、今話題の

「関ヶ原」を鑑賞してきました。少しだけ風もあり汗ばむ程度で歩るけ、気分は最高です。

Photo

2年前に大江戸博物館で催された「家康没400年記念の「大関ヶ原展」で購入した合戦

図解リーフ「関ヶ原合戦図屏風」があるのを思い出し、ちょっと予習をしてから映画を鑑賞

しました。(関ヶ原町歴史民俗資料館発行の合戦図解リーフ)

P1220433

「大関ヶ原展」では、徳川家康の東軍中心の関ヶ原の戦いを鑑賞しましたが、映画の方は

石田三成の愚直なまでの『義をつらぬく』戦いに目線が注がれていました。

笹尾山にある陣幕や旗錦に記された字紋、「大一大万大吉」は、石田三成の志を表す。

「大とは私の天下にあらず皆の世。一人が万人のことを思い為すなら、万人も一人の

ことを思い為すなり。結果、世は吉となる。」今まさにその時でしたが、西軍は負けます。

P1220426

井桁の四半の旗は、井伊直政で霧の晴れるのを待ちきれない様に動き出す。

P1220430

午前8時ごろ福島正則は、「我こそは~~」と一声をあげ先陣で戦う様子の屏風。

P1220428

6時間で終わった信頼・裏切り・凋落「関ヶ原の戦い」の映画を、ついつい病をおして戦う

「大谷吉継」や島左近などの西軍に肩入れして鑑賞しました。

2年前の「大関ヶ原展」で、石田三成の愛刀や島左近の兜・大谷吉継の短刀などを

見たのを思い出した午後でした。

2017年5月 8日 (月)

シニア夫婦のGWは、安近短で「追憶」を鑑賞

5月6日(土)今年のGWを安近短に決めた我が家では、久しぶりに映画鑑賞も計画する。

地元のシアターで降旗康夫監督の「追憶」を鑑賞です。昨年のGWは、シアターのあるビル

向かいの病院へ肺炎のため救急車で運ばれ入院した夫でしたが、幸い今は元気で

過ごす日々です。現在の健康に感謝しながら、映画鑑賞をしたシニア夫婦です。

TVの宣伝で流れる「刑事・被害者・容疑者として25年ぶりに再会した幼なじみの3人。

彼らには誰にも言えない過去があった。」を見て興味があったのと、降旗監督×撮影木村

この組み合わせの映画を夫がぜひ見たいね。」とのリクエストもあり鑑賞することに。

シアターの入り口スチールを係りの人の了解を貰い1枚パチリ。

P1200572

ボケボケの写真になっていますが、入場時に配られた「追憶」豪華俳優陣をアップ。

北陸 富山の豊かな自然を大きなスクリーンで鑑賞すると、心が浄化され癒されます。

また千住明さんの「音楽」も風情とマッチして心に沁みわたります。最後の海岸でのシーン

では、思わず夫婦で涙しエンディングロールが終わるまで席を立つことが出来ません。

息をのむほどの夕日の風景の美しさに、思わず二人同時に、「富山にぜひ行こう。」と!

P1200575 P1200574

昨日 我が家のベランダから見た、「富士山と夕日の風景」も素敵でしたよ~。

P1200622

P1200621

2016年9月 9日 (金)

まだ暑い日々ですが、見上げた空には鰯雲

P1160830

9月に入ってもまだまだ暑い日が続きますが、見上げた空は秋バージョンで鰯雲が・・・!

西の空にも広がっていま~す!<思わずアップでも1枚パチリ>

P1160828 P1160829

ウオーキング仲間より「旅行のお土産を渡したいので、モールで会いませんか」のメール

久し振りにお会いするお仲間さんなので、二つ返事で待ち合わせOKです。ランチでも

一緒にと思っていたのですが、お仲間さん宛に娘さんより「お孫さんが体調不良なので

見てほしい。」とメールが入り、お土産を受け取りサヨナラになりました。

時間が空いたので、久しぶりに映画を見る事にする。上映案内の電光掲示板を眺めたら

「後妻業の女」の案内があり残席わずかの文字に慌ててチケットを購入です。

Photo

本当は高齢者をだますという酷い内容なのに、大竹しのぶと豊川悦司の演技力により

思わずクスッと笑う場面もありました。登場人物に、”このような人がいるし、こんなこと

あるある。”と、思えるエピソードが満載!

P1160834

夕食後 空を見上げたら上弦の月。9月9日は,重陽の節句。菊の花の和菓子を食べる。