2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト
無料ブログはココログ

駅からハイキング

2017年11月26日 (日)

駅ハイ参加「旧東海道小田原宿・かまぼこ通りを巡る」

11月25日(土) JR小田原駅ハイキング「小田原宿かまぼこ通り山車小屋景観整備完成

記念旧東海道を巡るハイキング」に、参加する。午前10時、小田原駅の東西通路は

大混雑&バスロータリーは、箱根に向かうバス停にも大勢の人が列をなしています。

箱根登山鉄道が、倒木の為不通になっている影響が出ているとの事でした。

P1230487

<コース>

小田原駅⇒小田原駅観光案内所⇒小田原城⇒報徳二宮神社⇒清閑亭⇒小田原文学館

⇒松本剛吉別邸⇒小田原宿なりわい交流館⇒魚がし山車小屋⇒旧小田原魚市場跡地

⇒かまぼこ伝統館⇒漆・うつわギャラリー(漆 ISHIKAWA)⇒JR小田原駅

梅干し博物館「ちん里う本店)をちょっと覗いてから、お堀端通りを歩いて小田原城内へ!

学橋を渡り二の丸隅櫓~銅門~常盤木門を通り天守閣の方へと進む。本丸広場は、

大勢の観光客で溢れておりまた天守閣の見学の方も通常よりは多かったような気がする。

(箱根の山を登る予定が電車が止まっていたので、急遽小田原市内観光に変更したり

再開するまでの時間を利用し観光している方もおられました。)

P1230439 P1230486

駅からハイキング参加者に、特別プレゼントで「難攻不落の合格鉛筆」をプレゼントして

頂きました。ラッキーscissorsこれで勉強してダンスのレベルアップが出来ると嬉しいな!boutique

天守閣からの景色も最高です。相模湾がキラキラ光り箱根の山も色づいています。

P1230485 P1230442 P1230443 P1230445

城址公園内でゆっくりした後、「報徳二宮神社」へと歩を進める。お宮参りや旧暦で

祝う「七五三祝のファミリー」も多く見かける境内です。(勿論 二宮金次郎像があります。)

P1230446 P1230447

報徳二宮神社より坂道を上り、旧黒田長成侯爵別邸「清閑亭」を見学します。黒田官兵衛

から数えて14代目の福岡藩主家当主のあたる黒田長成侯爵別邸は、国登録有形文化財

天気が良いので数寄屋風書院造りの母屋からの眺めは、最高でした。

国際医療福祉大学の脇を通り坂を下り「山角天神社」でお参りし漁港の方へ!P1230488 P1230449

漁港より戻り、桜木の葉がすっかり落ち、晩秋の憂いがある西海子小径のんびり散策。

温暖な気候の小田原には、明治以降多くの文学者や政界人が居住し、小田原文学館の

三好達治旧居跡・尾崎一雄邸書斎・白秋童謡館などもある。

P1230450 P1230451

旧松本剛吉邸で「お茶室秋の一般公開中」でお抹茶を頂戴できるとのことで寄り道です。

詫び寂びのある庭園の紅葉が今盛りで素晴らしく、その下で頂戴するお抹茶は不調法の

私でも作法を教えて頂き、美味しく味わうことが出来ましたよ。japanesetea

P1230489 P1230453 P1230455

寄り道散歩の2番目は、お城のような構えの店「ういろう」です。薬の「ういろう透頂香」を

購入するために寄り道です。大型バスで観光客が立ち寄りしており、名古屋のういろう

との違いや「薬のういろう」についての問い合わせなどしておりました。

P1230490 P1230481

かまぼこ通りに入り、小田原かまぼこ発祥の地(江戸天明元年創業)の鱗吉で名物の

「自然薯棒」を購入し食べ歩きに挑戦するも、結局は(熱々の作りたてなので)「小田原宿

なりわい交流館」でお茶を頂戴し縁台に座り落ち着いて食べました。

P1230491 P1230492 P1230462

魚かし山車小屋(再建された屋台は、記録によると彫刻は、高村光雲と書かれている。)

現在は駐車場のこの地に、昭和42年に小田原漁港(早川港)が開かれるまで「魚市場」が

こちらにあった。海岸に出て御幸の浜を眺め、給水タイム。(広々とした海は、気分最高)

P1230465 P1230469 P1230467 P1230466

かまぼこ伝統館を見学し、丸う田代のかまぼこをお土産にここからさくさくウオーキング!

P1230473 P1230496

下記↓の写真は、街かど博物館です。かつおぶし博物館(龍常)・干物工房(早瀬商店)

2段目 陶彩ぎゃらりい(松崎屋陶器店)・漆 うつわギャラリー(漆 ISHIKAWA)

3段目は、菓子どころ小田原工芸菓子館(栄町松坂屋)名物のコケッコーを購入happy01

P1230470 P1230471 
P1230475 P1230476 
P1230493 P1230495

約7.5キロの小田原散策は、青空の下気分良く散策出来ました。

2017年10月29日 (日)

駅ハイ 「根岸線を歩こう!桜木町駅発コース」に参加

10月26日(木)桜木町駅発の「根岸線を歩こう!中区制90周年記念!港の歴史再発見

コース!」に、参加しました。TVの天気予報が、sun sun 気分爽快なウオーキングになる。

《コース》

桜木町駅観光案内所⇒帆船日本丸・横浜港博物館⇒伊勢山皇大神宮⇒ガス灯記念碑

⇒馬車道商店街⇒イセザキ・モール1・2St⇒大通り公園⇒横浜公園・横浜スタジアム

⇒神奈川県庁⇒山下公園⇒横浜媽祖廟⇒横浜関帝廟⇒JR石川町

2017年夏に、帆船日本丸は国指定重要文化財に指定されました。船齢87歳で、横浜に

誘致されてから32年になる「帆船日本丸」です。29日には総帆展帆が行われる予定!

P1220976

今回のコースにある「伊勢山皇大神宮」は、最近お詣りしたので今回は、前を通るだけ。

ガス灯記念碑(日本ガス事業発祥の地)は、本町小学校敷地内にあるので塀の外より

1枚パチリ!してから再び桜木町方面に戻り弁天橋を渡り、馬車道商店街へと散策。

神奈川県立歴史博物館のレトロ感たっぷりで威風堂々の建物を見ながらウオーキング。

P1220977_2 P1220979

馬車道商店街には、〇〇初めての史跡の多い場所。馬車飲水と「写真開祖下岡蓮杖」

開港当時の幕末から明治の雰囲気が、街のあちらこちらに残っている感じがします。

P1220980 P1220982

ガス灯発祥の地が関内ホールの脇にある。ホール前は大勢の学生さん・・音楽会かな?

10月31日~11月3日まで馬車道150周年記念ー馬車道祭りが開催予定です。

馬車・人力車に無料試乗会など開港当時の文化が楽しめるようです。
P1220983 P1220984

「イセザキ・モール1・2St」いろいろなお店を覗き歩くのも楽しい時間。横浜文明堂では、

I ☆YOKOHAMAのどら焼きを購入する。(横浜DNAのユニホーム柄のパッケージ!)

イセザキ・モール商店街の通りでは、「陶器市」も開かれていましたよ。

P1220985 P1230010

大通り公園でも「全国陶器市」が大々的に開かれており、大勢の人が品定めに余念なし?

横浜市役所の関内駅側に、「港町市場跡」の碑を見かける。今まで気がつかなかったcoldsweats01

P1220986 P1220987

横浜公園&横浜スタジアム・・・スタジアムを眺めながら、持参のおむすびでランチタイム

3位よりCSシリーズに進出できた横浜DNAの活躍を期待しながら、嬉しい一時です。

食後、購入したDNAのユニホーム柄パッケージのどら焼きを食べると元気が出ます。happy01

噴水前を通り、ただいま工事中の「彼我庭園」をゆっくり眺め中区役所前を港の方へ。

P1220988 P1220989 
P1220990 P1230091

横浜市開港記念館は、ぶれた写真でアップできず残念!(開館100周年を迎える。)

クイーン(横浜税関)の写真は良かったが、キング(神奈川庁本庁舎)は塔が写ってない

P1220993 P1220994

山下公園で、のんびり横浜港を眺めていると気持ちが伸び伸びとして来ます。

豪華客船でのクルーズ⇒憧れですが年金生活の身には、夢だけで終わりそうだな~。

山下公園内のバラ園も、今 秋バラが満開で、ほのかな甘い香りが漂い憩いんば所に!

公園通りの木々も黄色に色づき、横浜マラソンランナーを待つ準備中です。

P1220995 P1220996 
P1220998 P1230090

朝陽門から中華街に入り「横浜媽祖廟」と「横浜関帝廟」を参拝する。

開港から現在に至るまで、横浜中華街の発展に寄与してきた華僑の拠り所となっている

「横浜媽祖廟」です。昨年鎮座155年を迎えた「横浜関帝廟」は、関東大震災・空襲などで

焼失し、現在は人々の厚い信仰と熱意により建てられた四代目の「関帝廟」です。

                           主催者パンフレット参照(スポット情報より)


P1230001 P1230003

西陽門を抜けゴールのJR石川町駅へ到着。青空の下 気分の良い散策が出来ました。

P1230006 P1230008

2017年10月14日 (土)

駅ハイ参加「東京の玄関口とアンテナショップめぐり」

P1220817

10月14日(土) 小雨の予報でしたので、駅ハイ「首都・東京の玄関口とアンテナショップ

めぐり」に、参加する。コースマップには「歴史ある東京駅をスタートし、自然あふれる皇居

外苑を一周。そこから流行発信の銀座へ。東京の現在と昔を同時に感じてみませんか」と

ありましたが、今回は、アンテナショップめぐり中心の巡りになってしまいました。coldsweats01 

各アンテナショップで少しづつ購入してつもりが、気が付いたら合計で3000円以上の

金額になっていました。

<アンテナショップめぐりのコース順>

 すずらん通りにある銀座NAGANO(長野県)⇒三原橋側のぐんまちゃん家(群馬県)

P1220801 P1220803

歌舞伎座向かいのいわて銀河プラザ(岩手県)⇒東京交通会館にある秋田ふるさと館

P1220804 P1220806_2

東京交通会館地下1F「いきいき富山館」(富山県)では、お土産を購入写真を撮り忘れ

いしかわ百万石物語江戸本店(石川県)⇒おいしい山形プラザ(山形県)真室川音頭の旗

P1220807 P1220808

首都高の下に、茨城マルシェ(茨城県)地場産の食材を使ったレストランが、気になる。

⇒看板の赤べこが印象的な福島県八重洲観光交流館(福島県)

P1220809 P1220810

お土産を購入して赤べこのキーホルダープレゼントのあった福島県八重洲観光交流館

P1220819

アンテナショップの紹介が先になりましたが、レンガ造りの東京駅丸の内駅舎を眺め、

緑の多い皇居の周りをランナーに注意しながら歩き、楠木正成像のある広場で一休み

P1220813 P1220797_2

江戸城跡の案内板や馬場先門跡碑を眺め日比谷公園から有楽町へと向かう。

P1220812 P1220798

数寄屋橋のところで、菊田一夫の筆跡の碑「数寄屋橋此処にありき」を、パチリ camera

今回の駅ハイは、途中から雨も止みすっかりアンテナショップめぐりを楽しんだ時間です

P1220800 P1220811_2

2017年7月 1日 (土)

駅ハイの寒川駅ウオーキングと「寒川神社夏越の大祓式」

6月30日(金)2017年前半の駅からハイキング参加の 「〆」としてJR相模線寒川駅より

『お大師さまめぐり~相模国潤四国八十八ヶ所巡り 寒川編~』に、参加をする。

P1210793

受付で寒川町観光協会の方より、「今日は、寒川神社にて<水無月大祓式>が行われる

ので、ぜひ茅の輪くぐりをして行ってください。」と声を掛けて頂く。ルート地図を眺めて

逆回りに歩けば、午後1時ごろまで寒川神社境内に着くことが出来ると計算し実行する。

➀ 南泉寺より巡ることにする。創立が天正年間の高野山真言宗の寺で静かな住宅街に

溶け込むような静かな佇まいの境内です。お大師様が、お迎えしてくださいました。

P1210795 P1210794

② 大型トラックの通る狭い道を、車に注意し500m歩くと「梶原景時の舘址」に到着。

源頼朝に仕えた武将梶原景時は、治承5年一之宮の地に舘を構えたと伝わる。内堀や

外角の伝承地・天満宮・伝梶原七士の墓などの案内板も近くにありました。

P1210796 P1210824_2

③ 「一之宮八幡大神」は、元禄10年の創建と伝えられているが、梶原景時が一之宮に

舘を構え、鬼門除の神社として創建されたという説もある。境内の紫陽花がキレイ!

P1210798 P1210805

④ 景観寺 天台宗の寺院で奈良時代に創建されてと伝えられている。ご本尊の十一面

観世音菩薩立像は、室町時代の作と推定され町指定重要文化財です。境内の蓮の花

恵みの雨を受け、イキイキ&清楚な美しさを醸し出している。

P1210801 P1210799

⑤ 安楽寺 真言宗の寺で養老年間建立と伝わる。ご本尊の大日如来坐像は、

町指定重要文化財である。3体の弘法大師さまがお迎えくださった安楽寺です。

P1210803 P1210807

⑥ 水道記念館 水について遊びながら学べる施設。社会科見学で来館している元気な

子供達で溢れている建物は、神奈川県営水道発祥を利用している。シンボルの河童。P1210808 P1210810

⑦ 西善院 高野山真言宗の寺 寒川神社の供僧でしたが、明治維新後の神仏分離令で

神社より独立したご本尊が木造阿弥陀如来坐像の寺。2体のお大師様が迎えてくれる。P1210813 P1210812_3

⑧ 興全寺は、曹洞禅宗の寺。戦国時代末期に創建されており、ご本尊の釈迦如来坐像

桃山時代の作と伝わる。境内庭のアガパンサスに、ウオーキングの疲れも癒される。
P1210821 P1210822

午後1時 寒川神社に到着。茅の輪は、大祓式が終わるまで通り抜けが出来ません。

(他の神社では、大祓月に茅の輪を置き 自由にくぐれる様な所もあるようです。)


P1210814 P1210815

寒川神社の水無月大祓式(夏越の大祓)は、午後2時より神事が始まる。

宮司より参列者に神の包み(大祓詞と切麻・人型の紙人形が入っている)が、配られる。

大祓詞を皆で奏上した後「左肩・右肩・左肩」と切麻を掛けて清めた後、人型の人形で

撫で息を3回吹きかける。(この人形が自分の代わりとなる。)その紙を宮司に預け

お祓いをして貰う。その後順番に並び茅の輪くぐりをするが、1時間ほど並びやっと

くぐることが出きた。幸い 夏越の大祓式の際 雨も降ることがなく無事茅の輪をくぐる事が

出来ました。最後に、お神酒とお菓子(落雁)を頂戴して帰路に着く。

湿気が多く蒸し暑い一日でしたが、夏越の大祓式に参列することが出来、気持ちが

晴れ晴れしたウオーキングになりました。

P1210826 P1210820

2017年6月25日 (日)

駅ハイin衣笠駅「花しょうぶの名所と衣笠山ハイキング」

6月24日(土)  JR横須賀線の衣笠駅より駅からハイキング「花しょうぶ・ふじの名所と

衣笠山ハイキング」~アニメ『ハイスクール・フリート』ゆかりの地を巡る~に参加する。

<コース>

 JR衣笠駅ー衣笠商店街サービスセンターー光心寺ー瘡守稲荷碑ー阿部倉諏訪神社

ー横須賀しょうぶ園ー衣笠山公園ー衣笠神社ー衣笠商店街ーサービスセンターー衣笠駅

P1210657

 天気予報では曇りマーク、少しは涼しくなるかなと思いながら参加ですが、すでに暑い

衣笠です。同じ電車で降りた50名ほどの参加者と並んで受付をする。衣笠商店街サービ

スセンター前の行列は2列あり、駅からハイキング参加者と片方は横須賀と海を舞台に

したアニメ「ハイスクール・フリート」のスタンプラリーに参加している方でした。

P1210681 P1210659

駅より5分ほど歩いて「光心寺」へ。横須賀海軍工場で建造された戦艦「比叡」の鎮魂碑が

境内にある。左側のお堂は、戦艦比叡で戦没された方が供養されている忠魂祠堂」です。

P1210660 P1210661

平作大橋を渡ってすぐに「瘡守稲荷碑」が右側にある。縁起は、宝暦4年江戸で疱瘡が

流行っていたため、厄除稲荷として祀ったのが初めといわれる。ここを右折し狭い道を

車に注意し、水分補給しながらテクテク35分ほど歩いて「阿部倉諏訪神社」へ向かう。

緑の竹林の階段を降りた場所にお社がある。諏訪明神と呼ばれ、明治時代の頃まで

湯立神楽をしていたと云われる神社。今回は階段を降りず参道入口よりお詣りです。coldsweats01

P1210662 P1210663

神社から山道を10分降りたら、視界が開け「横須賀しょうぶ園」に着きました。マップを

提示すると団体料金で入園が出来ラッキー!全国有数の規模を誇る横須賀しょうぶ園は

およそ412品種あり14万株の花しょうぶが7000㎡の田に咲き競う。(パンフレット参照)

P1210666

和を感じる装い(五月女スタイル)で花の手入れをしている姿と花しょうぶ風情があります。

P1210680 P1210682

花を見て、関口牧場のソフトクリームも園内で食べながらしばし休憩タイム!

P1210665 P1210664

もう盛りは過ぎてしまったが、ガクアジサイが咲く小道や池には睡蓮の花も咲いていた。

P1210667 P1210679

ここからカンカン照りの中のウオークになる。前後に参加者の姿もなくちょっと不安に!

民家の脇にある階段を九十九折に登るのが、衣笠山ハイキングコース。日かげに入り

ホッと一息&緑の木々を抜ける風に癒される。切り株に枯れ枝で作ったオブジェを見て

歩くと少し寂しさも紛れる。山百合が咲く丘などを独り占めで鑑賞する衣笠山ハイキング!

P1210676 P1210677 P1210669 P1210678

衣笠神社でゆっくりお詣りして、衣笠山公園ハイキングが終了になります。

P1210670 P1210675

ここからは、木陰もなく幹線道路の脇を歩くので一気に吹き出す汗を拭きながら

衣笠商店街へと向かう。レトロな感じの商店街は、大勢の人で賑わいます。

ハーフ&ハーフのランチで、今年初めて冷やし中華を食べる。疲れた体に、心地よく

酢が染みわたる感じがする。衣笠山公園のハイキングコースは、誰にもあわず

心細かったが、小鳥の鳴き声に癒され歩くことが出きました。

P1210671 P1210672

2017年6月21日 (水)

駅ハイ参加は、サクサク歩きでin「大井町~大森」へ

6月17日(土)駅からハイキング大井町駅「紫陽花を愛で、東海七福神をめぐる」に参加!

気象庁より梅雨入り宣言はあったものの、この日の東京は気温もうなぎ上りで熱中症に

注意しながらも午後の予定があるので自然とサクサク歩きになりました。

P1210495

<コースのポイント>

 JR大井町駅⇒しながわ中央公園⇒目黒川沿いの遊歩道⇒品川神社(大黒天)

⇒東海道品川本陣跡⇒品川宿交流館本宿お休み処⇒品川寺(毘沙門天)⇒勝島運河

⇒浜川橋(涙橋)⇒坂本龍馬像⇒磐井神社(弁財天)⇒JR大森駅

コース地図には、しながわ中央公園(園内にはアジサイが植えられています)と記載

されていましたが、入り口の白いアジサイを確認したのみ。(もう終わったのか?)

P1210497 P1210498

園内の噴水で元気に遊ぶ子供たちの姿に、「イイな~」と、本気で思ってしまう程の天気

だった本日です。近くの消防署には、顔出しパネルや模型もあり子供が喜びそう!P1210496 P1210499

歩道橋を降りて行く方向を間違えるハプニングを起こし、やっと目黒川沿い遊歩道へ。

川沿いの緑の木陰は、とっても涼しく歩きやすく より一層サクサク歩きです。

東海橋を渡り 一旦目黒川を離れ品川神社へ向かう。

P1210500 P1210501

品川神社は、前に正月の時「東海七福神巡り」をしたことがあるので鳥居前で参拝を!

P1210502 P1210503

旧東海道に入り「東海道品川宿本陣跡」を見学する。石碑の側にある松の木は、滋賀県

土山町(東海道49番目の宿場)より寄贈されたものだそうです。(コース案内より)

P1210504 P1210505

品川宿交流館本宿お休み処を少し見学後、コース外になりますが荏原神社をお参りす。

若い頃 同郷の友と一緒にお祭りを楽しんだことを思い出しながら・・・・・((^^♪)

P1210518 P1210506

品川橋の橋側には、旧東海道らしい風情がちょっぴり残る。青物横丁の街灯も可愛い!

P1210520 P1210519

品川寺の大きな江戸六地蔵の地蔵菩薩様は、旅人をいつも慈愛に満ち溢れ見守っている

弘法大師を開山とした品川で一番古い「品川寺(ホンセンジ)」です。

P1210507_2 P1210508_2

勝島運河沿いに入ると、やはり涼しい風にちょっぴり癒されます。夏には、屋形船で

夕涼みや花火見物もしたいものですよね~!

P1210509 P1210517

新浜川公園にある「浜川砲台跡」を1枚パチリcamera。この辺を坂本龍馬も歩いていたかな?

立会川にかけられた浜川橋は、江戸時代に処刑される罪人が鈴ヶ森刑場へ護送される際

親族たちが密かに見送りに来て、この橋で最後に涙を流して別れたので「なみだ橋」とも

P1210511 P1210512

京急立会川駅の側に、「20歳の坂本龍馬像」がある。鮫洲に屋敷を持っていた土佐藩は

ペリー来航の際、砲台を造ることを幕府に懇願し「浜川砲台」を設置した。坂本龍馬も

沿岸警備にあたり、その縁で「坂本龍馬の20歳の像」が建立される。(コース案内より)

P1210513 P1210514

ここからは午後の予定を踏まえて、ひたすら大森駅までサクサク歩きをする。

2017年5月26日 (金)

駅ハイ品川駅 「高輪の歴史探訪~坂と寺社を訪ねて」

ブログにアップするのが遅くなってしまいましたが、5月18日(木) JR品川駅よりスタート

【高輪歴史探訪~坂と寺社を訪ねて~】駅からハイキング&ウオークに参加する。

<コースポイント>

JR品川駅(スタート)ーグランドプリンスホテル高輪・石榴坂ー東禅寺ー洞坂~桂坂

ー高野山東京別院ー高輪消防署二本榎出張所-清正公 覚林寺ー天神坂ー保安寺

ー大石良雄外十六人忠烈の跡・旧細川邸のシイ(巨木)-魚籃坂~幽霊坂~聖坂

ー高輪大木戸跡(国指定史跡)-泉岳寺ー高輪神社ーJR品川駅(ゴール)

 暑い日が続くので、熱中症に注意しながら久し振りの駅ハイ参加です。15年前に職場の

後輩が結婚式を挙げた時の事を思い出しながら「高輪プリンス」を見上げます。

その時この辺を散策し見かけた「カトリック高輪教会」を、1枚パチリ!福山雅治さんの

「桜坂」を口ずさみながら「さくら坂」を通り東禅寺の方へ歩を進める!東禅寺の門前には、

「最初のイギリス公使宿館跡」の碑がある。攘夷派の藩士に度々襲われたという東禅寺

緑多き境内散策は、目に優しく心も癒される大都会のオアシスでした。

P1200730 P1200731

昔 ほら貝が出たから名前の由来になったとされる「洞坂」を上り下り、蔦葛がはびこって

いたことが名前の由来の一つになった「桂坂」を、ゆっくりとウオーキングする。

P1200734 P1200735

高野山真言宗 総本山金剛峯寺の別院『高野山東京別院』へ。、高野山の江戸在番所と

して創建される。江戸三十三観音第29番札所でもある。首都圏における大師信仰の

教化の拠点である境内は、広々として明るい都会の寺と云う佇まいだった。

P1200736 P1200737

保存建築物に指定されている「高輪消防署二本榎出張所」は、昭和8年に落成した近代

建築遺産で現役の消防署なんですよ。二本松榎の名前の由来は、江戸時代「上行寺」と

いう寺があり、その門前に二本の榎があったから。前にこの周辺を歩いた時、少し先に

ある承教寺の門前で、狛犬と一緒に案内碑があった事を思い出す。

明治学院大学のシンボルである洋館も、モダンな感じで素敵です。脇を通り覚林寺へ。

P1200738 P1200802

地元では江戸時代より「白金の清正公さま」と呼ばれる、日蓮宗の「清正公 覚林寺」です

加藤清正を祀る寺で、「5月4・5日の清正公大祭に武運の強かった清正公にあやかり

葉菖蒲の入った「勝守」授与される。」と、コースポイントの説明に書いてあるのを読む。

鎌倉の妙法寺(日蓮宗の寺で苔寺とも呼ばれる)でも、5月5日に菖蒲の葉が差し込まれ

ている「加藤清正公勝守」を、授与出来る。3年前に妙法寺にて授与した勝守を、剣道部に

所属していた孫に手渡したことを思い出しました。

P1200805 P1200799

坂の南側に菅原道真の祠があった事から「天神坂」と呼ばれるようになった坂を上る。

突き当りには、東海大高輪台中学・高等学校があり左に曲がると「高輪一丁目アパート」

P1200798 P1200796

新緑の美しく階段の参道が珍しい「保安寺」は、慶長12年創建の曹洞宗の寺です。

P1200794 P1200795

忠臣蔵でお馴染の大石内蔵助ら17人が預けられた肥後熊本藩細川家の下屋敷で

元禄16年2月4日、赤穂浪士が切腹を遂げた場所。「大石内蔵助外十六人忠烈の跡。」

当時から細川邸内に茂っていたシイ(巨木)は、広い屋敷跡で時代の流れを見守っていた

P1200793 P1200792

雲行きが段々怪しくなって来たので魚籃坂ー幽霊坂―聖坂を、さくさくウオーキングする。

国指定史跡の「高輪の大木戸跡」の旧東海道沿いにある石垣を、急いでパチリcamera

P1200788 P1200787

赤穂藩主浅野氏の菩提寺の「泉岳寺」で四十七義士の墓所を急いでお詣りしている途中

大石内蔵助の墓前で雨が降りだしたので、慌てて品川駅の方にサクサク歩くで向かう。

前に立ち寄ったことのある高輪神社前は、門前で一礼し通り過ぎる。

P1200790 P1200789

駅の構内に入り、電車を待つ間に本格的な雨が降りだす状態になりました。rain

2017年4月19日 (水)

駅からハイキング「平塚の魅力満載」

4月16日(日) 駅からハイキング「平塚の魅力満載~海と花の街ひらつかを歩く~」に、

参加する。何時ものように慌ただしく家事を済ませ(少し手抜きかな?)10時40分到着。

スタート場所の「平塚観光協会」の方から、「本日はウオーキング参加の方が多く、朝10

時前より並ばれていました。楽しんで来て下さい。」と、お声を掛けて頂き出発です。

<コース>

平塚駅⇒平塚観光協会(スタート)⇒八幡山公園⇒D52型蒸気機関車⇒平塚市博物館

⇒平塚市総合公園⇒馬入ふれあい公園⇒湘南潮来⇒ひらつかタマ三郎漁港(須賀港)

⇒浜辺のさんぽ道⇒湘南ベルマーレひらつかビーチパーク⇒平塚駅南口(ゴール)

P1200340 P1200335

平塚市のオアシスとなっている「八幡山公園」にある洋館は、旧横浜ゴム平塚製造所

記念館で国登録有形文化財で、バラとのコラボが有名ですが桜とのコラボも素敵です。

P1200341 P1200342

「D52型蒸気機関車」は、御殿場線で客貨両用として活躍していたが電化にともない

昭和43年7月1日にその任務を終えた。平塚市民&国鉄OBの方々の保存したいと

いう熱意が実り昭和44年11月30日文化公園内に移設されました。平塚市博物館では

女の子と男の子のお雛様~桃と端午の節句人形~の春期特別展が行われていた。

P1200344 P1200345

平塚美術館では、「浮世絵 神奈川名所めぐり」の企画展の前期が行われております。

(斎藤文夫氏コレクションで東海道宿場を題材とした200点を紹介)

P1200371 P1200348

旧農林省果樹試験場跡地に出きた「平塚市総合公園」230種10万本の木が植えられ

市街地のオアシス&スポーツ・レクリエーションの場として親しまれています。

桜が満開の木下では、花見を楽しむ大勢のファミリーやシニアの皆さんが集っています。

P1200350 P1200351

昨年できた大型ショッピングモールで休息し、馬入ふれあい公園でランチする為弁当購入

馬入ふれあい公園へ行く途中の神明神社境内の桜、満開を過ぎたが綺麗です!
P1200353 P1200354

平塚市総合公園から約4.5キロ歩いて「馬入ふれあい公園」です。イシックス馬入の

お花畑を見ながらホッと一息タイム&ランチと弁当を広げたら、上空にトンビが3羽。

慌てて弁当に蓋をしてその場所を退散するが、土手を歩いている途中ずっとトンビが

上空にいる状態でとっても怖かった。shock shock

P1200356 P1200355

相模川に面した河川敷にある馬入ふれあい公園には、ひらつかサンライフアリーナなどの

運動施設やサッカーグランドがある。グラウンドでは、湘南ベルマーレの選手が練習中

P1200358 P1200366

馬入の渡し跡の碑も土手にある。凧揚げを楽しんでいるグループの方々も楽しそうな様子

P1200368 P1200365

相模川の下流は、「湘南潮来」とも云われ広々とした水郷地帯で釣りを楽しんでる方や

マリンスポーツを楽しんでいる方もおられる。水鳥の戯れる姿も見かける。

P1200369 P1200370

「ひらつかタマ三郎漁港」で水分補給タイムをするが、やはりトンビが上空を旋回中。

弁当は諦めて漁港のそばにある干物屋さんで昼食タイムをする。新鮮な地元の魚が

美味しい店で、これもトンビに追いかけられたお蔭かな・・・・?(笑)

P1200337 P1200338

この後「浜辺のさんぽ道」を歩いたが、カメラの電池切れ・・・駅までサクサク歩きになる。

博物館・美術館・運動公園・サッカー場など変化にとんだ場所のウオーキングは、楽しく

又癒された時間になりました。ベルマーレの選手と一緒に写真を撮れたのもラッキーかな

2017年3月11日 (土)

駅からハイキング武蔵溝ノ口駅「川崎たちばな今昔物語」

3月10日(金) 駅からハイキング『南武線(川崎~登戸間)開業90周年記念』春を感じて

歩く~川崎たちばな今昔物語~に参加する。ラッシュの時間を避け午前10時30分受付

春を感じてのタイトル通り、ウオーキングの先々に花が咲いており楽しく歩くことが出来る。

江川せせらぎ歩道には、寒緋桜がうつむき加減だが華やかに咲き誇っていましたよ。

P1190812

<コース>

武蔵溝ノ口駅⇒NewDays武蔵溝ノ口⇒久本神社⇒増福寺⇒川崎市民プラザ⇒養福寺

⇒影向寺・影向寺遺跡⇒橘樹郡衙跡⇒江川せせらぎ遊歩道⇒武蔵新城駅(ゴール)

P1190821

岡家の屋敷跡に、門と蔵&日本庭園の一部を残して改装した公園の「久本薬医門公園」

蔵と門は江戸時代末期の建物で、黒澤作品の「赤ひげ」のモデルは、この公園の蔵と

薬医門だそうです。子供達には、通称「忍者公園」と呼ばれているとか?
P1190815 P1190795

久本村内にあった4社を合祀るして明治6年に創建された「久本神社」。祭神は天照大神。

ここまでは、順調に地図を見て歩けたのですが、路地を曲がるのを間違えて迷子になり

20分ほどウロウロ歩きましたが「茂岳山増福寺」は、たどり着くことが出来ずパスしました

P1190797 P1190798

色々路地を歩いて出てきたのが、杉山神社(末長村)の脇の道。ここはウオーキングを

したことを思い出し、コース上の「新作小学校」の所に出てホット一息です。後ろから

10人以上の方も迷子になったと話しておりました。杉山神社は、前に五十猛命が祭神で

建設業・造船業・林業や水の神として尊崇をあつめる神社と聞いた事がある。

花色が紅色の「ベニバナアセビ」を見かける。つやのある葉っぱもキレイなアセビです。

P1190801 P1190799

新作小学校から坂を下り、「川崎市民プラザ」へ無事到着する。園内を散策&休息

P1190802 P1190803

天台宗の寺「養福寺」は、1469年頃 常範法師が開山した寺。稲毛三十三観音霊場の

24番札所。沈丁花の甘い香りがそこはかとなく香る本日のウオーキングです。

P1190817 P1190816

ハアハア言いながら急坂を上り、第三京浜道路のそばにある「影向寺」へと歩く。

神奈川県指定重要文化財の「影向寺薬師堂」ひっそりした佇まいに、ホットします。

境内には、聖徳太子堂や存在感のある樹齢600年の大イチョウそして遺跡などもある。

P1190818 P1190805 
P1190806 P1190807

橘樹郡衙跡の「たちばな古代の丘緑地」は、地域の人達の憩いの広場になっている。

近隣のお庭には、「マンサクの花」や「オウバイの花」も咲き春を謳歌している感じがする。

P1190809 P1190810

巌川橋から「江川せせらぎ遊歩道」を散策して、やく1キロで「武蔵新城の駅」へ。

あと20日すれば、遊歩道の桜並木は満開になり「大勢の人で賑わうのだろうな?」と、

思いを巡らせながら散策です。ミモザの花も早春の到来を告げていますよ。

P1190819 P1190813

あいもーる商店街で、ウインドーショッピングをしてから帰宅。途中 駅ハイに参加して

いる地元の方とおしゃべりをしながら歩き、駅ハイ情報を交換・・・楽しかったです。

保土ヶ谷駅と武蔵溝ノ口駅で迷ったが、今日は武蔵溝ノ口にしたと話してました。

P1190814

2017年3月 5日 (日)

駅からハイキング 歴史の道散策「旧東海道保土ヶ谷宿」

3月4日(土) 穏やかな気候に誘われて、久し振りに駅からハイキングに参加する。

朝急いで家事を済ませてからの参加だったので、受付したのが10時30分。周りに受付を

する人は、私の他に一組だけでした。「ハマの電チャン」を1枚パチリcameraの後スタートです。

P1190720 P1190759

<コース>

 駅⇒問屋場跡⇒保土ヶ谷本陣跡⇒復元した一里塚と松並木・上方見附モニュメント

 ⇒帝釈天と旧元町橋跡⇒保土ヶ谷公園⇒横浜ビジネスパーク(ランチ)⇒神明社

 ⇒帷子橋跡モニュメント⇒香象院⇒見光寺⇒旧中橋跡⇒JR保土ヶ谷駅

江戸から4番目の宿場町保土ヶ谷宿は、度重なる火災や関東大震災の為一部を除いて

昔の面影がほとんどなくなっているのが残念です。「問屋場」は、幕府公用の旅行者や

大名などの荷物の運搬を行う人・馬の采配などを行う重要なところでした。

東海道線の踏切を渡り歩き、突き当りが保土ヶ谷本陣跡です。苅部家が代々務めた

本陣跡ですが、現在は門と土蔵に、古の当時を偲ぶのみです。(現在は、軽部姓)

脇本陣(水屋)跡と旅籠本金子屋跡・・・格子戸や通用門が旅籠の雰囲気を伝えています。

P1190721 P1190722 P1190723 P1190724

平成19年に復元された「一里塚と松並木・上方見附モニュメントは、宿場時代の再現を!

P1190726 P1190727

道幅が狭くすれ違う車に注意しながら歩いて「旧元町橋跡」。途中紅梅が満開の場所も!

P1190730 P1190728

急坂を上り初音ヶ丘の方へとウオーキングし、市民の憩いの場所「保土ヶ谷公園」へ。

ここでカワセミがいる池を見つけ一息タイム。何度もダイブを見せてくれましたよ!

P1190732 P1190731

公園より相模鉄道星川駅の方へと歩く。途中で行列の出来る中華餃子の店「とんとん」を

横目で見ながら3つのタワー棟があり、レストラン・郵便局・ATMの施設が充実している

横浜ビジネスパークを目指す。ここでランチタイム。しだれ桃の花も満開の早春!

P1190735 P1190755

お腹いっぱいになった所で、向かい側にある「神明社」にお詣りです。平安時代は、

伊勢神宮のご領地として寄進され榛谷御厨と呼ばれその後鎮守として建立される。

祭神は、天照大御神で緑の多い静かな境内でお宮参りのファミリーが多かったです。

P1190736 P1190737

帷子橋跡モニュメントは、相鉄「天王町駅」の側にある。(広重の浮世絵にも描かれている)

P1190740 P1190741 
P1190754

香象院は、開山などの年代は不詳ですが、保土ヶ谷宿最大の寺子屋があり、明治期は

保土ヶ谷小学校の分校になっていた、真言宗の延命地蔵尊が優しいお顔で迎える寺。

門には、気になる大きな峠の釜めしのような「鉄釜」がある。再建前に本堂の前に

置かれた「天水桶」だったとの事。危険防止のため蓋をしこの様な狛犬ならぬ「狛釜」に?

P1190751 P1190744 
P1190743 P1190742

見光寺は、江戸時代初期に開山された寺。浄土宗の熱心な信者であった茂平夫妻が、

開基となり創建された寺。本尊の「阿弥陀如来像」が光り輝くのを見たので「見光寺」と

名付けたと云われる。六地蔵様が春の陽ざしを浴び静に微笑んでいる境内です。

コラムニストの青木雨彦氏の句碑も境内にありました。モクレンの蕾もこんなに膨らんで!

P1190750 P1190747 P1190748 P1190746_2

「旧中橋跡」幕末に今井川が改修される前までは、宿場を横切って川がありここに中橋が

掛けられていた跡です。最後に私らしく、権太坂に因んだ「ごんた餅」をお土産に帰宅(笑)

P1190756 P1190760

久し振りの駅ハイ参加なので、約7キロの散策がちょうど良い足慣らしになりました。

より以前の記事一覧