2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト
無料ブログはココログ

花を愛で散策

2017年4月 9日 (日)

アメリカスモモの花

先日海棠の花を愛でに行った光則寺の門前に咲いてた「アメリカスモモの花」

ソメイヨシノの薄いピンクの花が咲く参道でひときわ目立つピンクの花です。

P1200121

カフェで知人と話していた時「アメリカスモモ」の話題で盛り上がりました。

田舎ではアメリカスモモの事を「、ボタンキョウ(牡丹杏)と呼んでいたよ。」と知人が!

私の故郷では、「ハタンキョウ」と呼んでいた記憶が・・・・・!

終日 雨降りの午後には、ふっとそんな会話を思い出します。

地方により呼び名の違いのある花の名前がありますよね~。

また光則寺の境内には、宮沢賢治の「雨ニモマケズ・・・・・」の碑がありました。

雨の日つながりで思い出しアップしました。

P1200129

2017年3月22日 (水)

花を愛でながら下見ウオーキング

3月22日(水) 来週に予定されているウオーキングの下見を、予定スタッフと行う。

幸い昨日の悪天候も回復し、ウオーキング日和の本日です。距離測定器を持参して

再度距離を確認&コースの曲がり角の確認と、車の交通量なども調べておきます。

今回のコースは、日本大学の構内の桜見物も見所の一つとなります。2.3年前の竜巻で

根元より折れてしまった桜がありますが、開花の時は見事な桜のトンネルになります。

今日は、まだ蕾が固いので「満開の時cherryblossomcherryblossom」を、思い浮かべながらの下見になりました。

でも途中の民家の庭先にある満開の「四手辛夷(シデコブシ)」を見かけ、嬉しくなります。

辺りにそこはかとなく甘い香りが漂い、春の訪れを満喫しましたよ。

P1190891

その先の細い路地では、満開のハクモクレンが迎えてくれました。青空に映えてキレイ!

P1190892

大学の構内にある創立の碑です。ここでちょっと一休みしながら学食の案内黒板を

眺めていたら、なんとワンコインでのメニューが多く「食べたいね~」の声が上がりますが、

ウオーキングコースの下見中なので諦めます。 noodle weep

P1190893

大学の構内を抜け、小田急線の踏切を渡った先には緑に囲まれた「地神社」がある。

建立は不明ですが、祭神は埴山姫命です。秋葉権現社石廟も祀られている。

P1190894

約4キロのコースを、しっかりとミラー№など再確認しての歩きでした。

本番で雨が降らないことを仲間と一緒に祈り、役割分担を確認し解散です。

<追>

 今朝のベランダから眺めた富士山は、残念ながら春霞の中に霞んで見えました。

肉眼では見えるのですが、レンズを通すとなおさら霞んでます。

P1190890

2017年2月24日 (金)

残念ながら散り始めた地元の「河津桜」

2月20日(月) 駅前のスーパーへ買い物に行く途中に、寄り道散策ウオーキングをし

「地元の河津桜」を愛でに行く。(残念ならがもう散り始めています。)

この土手の向かい側にある、保育園の子供達が楽しめるようにと、地主さんが植えた

「河津桜」の若木がこんなに大きくなりました。今日散策していると、手をつないだ親子が、

「アッ~緑色の小鳥がいるよ。」と子どもの声にママは、「この花が咲くと緑色の小鳥を

見かけるようになるね。」と、話ながら通って行きます。”メジロ”くんの様子が、話題に

なっているようです。思わず「メジロですよ。」と言いたくなったおばさんです。(笑)
P1190612

こちらの河津桜は、坂の途中にあり市民のボランティアさんたちが管理しています。

同じ年頃の方と桜の花を見ながらちょっとおしゃべり。「坂の多い街に住んでいるので

坂の途中に四季折々の花が植えられておりまた切り株のベンチもあり助かります。」と!

P1190450 P1190451

夫と一緒に「ランチをしよう」と、チラシを見ながら話していたイタリアンのお店に

フライングでおひとり様ランチをしてくる。ランチメニューは、すべて前菜盛り合わせと飲み

物が付くのでお得感あり。美味しい&店の雰囲気も良かったので、ぜひ友達を誘って来店

したいです。グラタンランチ↓  <追> 買い物に来たのを忘れそうになりました。coldsweats02

P1190452 P1190453

2017年2月13日 (月)

花とみどりのフェスティバル(神奈川県花き展覧会)

2月11日(土) 駅からハイキングin関内駅に参加した時、赤レンガ倉庫で行われていた

”ストロベリーフェスティバル2017”を楽しみにしていたが、凄い人の行列に諦めました。

「スイーツ楽しみだったのに~」と未練がましく歩いていたら、横浜産貿ホールで私の

好きな花の展覧会が行われていたので寄り道です。花とみどりのフェスティバル「神奈川

県花き展覧会」です。県産の切り花・鉢物・花苗及びフラワーアレンジメント作品・生け花

押し花などの展示が400点以上もありました。県内の花を利用して、県内の高校生が

制作した花器に、生け花の先生が花を生けるコラボレーションも実現されていました。

また「花フェスラリー」がある。(人気投票に参加しアンケートに答えると素敵な花が、1束

GETできます。)ビクトリーブーケ(スポーツ大会でメダリストに送られる)のコンテストも!

P1190576

大好きな花に囲まれて、食べたかったスイーツはすっかり忘れて花々を見て歩くひと時tulip

P1190578 P1190561

百本の花束を抱えてみましたが、ずっしりと重いのにビックリ。一度で良いからこんな花束

プレゼントしてもらいたかったですね~。バラの花20本はありますが(笑)

P1190577

P1190586

スイトピーの豆知識⇒1860年日本に伝わり、1929年湘南地方で本格的な栽培が始まる

日本での切り花栽培は、神奈川県から始まる。ちなみに1月21日は、スイートピーの日。

松田聖子さんの「赤いスイトピー」がリリースされたことから制定。(パンフレット参照)

神奈川県の物産館で、バレンタイン用にハート型の秦野市の落花生入りの煎餅を購入。

冷え性でだらけている私のために「ハートに火おこし」⇒趣旨が違うかな?coldsweats01 shock

P1190566

2017年1月26日 (木)

江の島の早春を届けます。「ウインターチューリップ」

1月25日(水) 地元の「藤沢七福神巡り」散策をする。最後に江島神社をお参りした後、

サムエルコッキング苑の「ウインターチューリップ」を愛でに行く。昨日風が強かった為、

風の向きに沿って倒れているチューリップもありましたが、ここだけ春満開の感じがします

P1190295

江の島シーキャンドル(展望灯台)は、本日下から眺めただけで登りませんでした。

発掘された「サムエルコッキング苑」跡を、このように展示しております。

P1190290_2 P1190244

ウインターチューリップは、夏から秋にかけて球根を冷凍保存しておき、11月に植え付ける

そうすると温度差で春が来たようにチューリップが感じ、1月に咲くのだそうです。

色々な種類のチューリップをブログアップアップして見ました。湘南の宝石と呼ばれる

江の島のイルミネーションですが、ウインターチューリップもライトアップされます。

P1190289 P1190297 
P1190296 P1190286

亀ヶ岡広場では、河津桜が咲き始めてきました。枝の先にめじろのような鳥が・・・?

P1190291 P1190239

サウエルコッキング苑のマイアミビーチ広場から眺める景色は、最高です!

P1190241 P1190242

帰路 弁天仲見世通りで美味しそうに湯気が出ている「夫婦まんじゅう」に誘われて、食べ

歩きしたいと思い「1個下さい。」と注文したら「夫婦まんじゅうなので1個だけでは

売らないんですよ。」と、お店の人に言われ2個購入。いつも箱入りを購入していたので

セット売りとは知りませんでした。(勉強になりました~! coldsweats01

今日は、サムエルコッキング苑でウインターチューリップを鑑賞し心がホッコリになりました

P1190287 P1190292

2017年1月18日 (水)

「ビオラとパンジー」でひと足早い春を!

ブログアップが遅くなりましたが、1月13日 県立大船フラワーセンターまで「ビオラと

パンジー展」を見に行ってきました。風が冷たい天候&花も少ない時期の大船フラワー

センターは、入場者も少なく「ビオラとパンジー展」を貸切り状態で鑑賞することが出来る。

色とりどりの花を眺めていると、ここだけ早めに春が訪れているようです。tulip

P1180971 P1180989 
P1180968 P1180990

黒のスミレは、「ブラックディライト」の名札が付いていました。うす紫のパンジーも素敵!

P1180991 P1190040

風は冷たいが澄んだ青空の下、[花時計]を彩るパンジーも綺麗に咲き揃いましたよ。

池に水鳥がいないか探しましたが、残念ながら見かける事がなく鯉が泳いでいるだけです

P1180964 P1180973

芝生広場には、「節分の鬼さん達」が登場です。カイヅカイブキに装飾を施している様子。

隣には、親近感を覚える「おた福さん」も並んでます。(スマイル・スマイル happy01 )
P1180977 P1180994

温室ブースも貸し切り状態なので、周りに人がいないと風の音が怖く感じてしまい自然と

急ぎ足で鑑賞です。何時もはゆっくり眺める睡蓮の池も、写真を2枚撮っただけで外に!

P1180976 P1180985 
P1180983 P1180982

和風庭園では、松に雪吊りがしてあり「ミニ兼六園」(?)の風情を味わう事が出来ました。

P1180981

「大船観音様」は、いつも慈しみ深いお姿で私達を見守って下さっているように感じます。

電車の中からでもお顔を拝見するといつも癒されるので、東京方面へ出かける場合には

大船駅を通過する時ついつい「大船観音さま」のお姿を探してしまいます。

P1180963

可愛い花たち(ビオラとパンジー)に、ひと足早い春を感じた日でした。

2016年7月 8日 (金)

舞妃蓮(まいひれん)咲くはす池へ

7月5日(火) 趣味のスクエアダンス例会終了後先輩お仲間さんの案内で、夏の風物詩

ハスの花が咲く鵠沼藤ヶ谷の「第一はす池」の方まで散策する。

Photo_2

この場所は市の公園の一部で「はす池の自然を愛する会」の方々が手入れをしている。

池で大きな花を咲かせているのは、米国産と国産のハスを交配させてできた「舞妃蓮」。

Photo_3Photo_4

池に大量に繁殖した水生シダが発生し他の生物が生きにくい環境になっていた池を、地元

商店街有志の協力を得ながら6年がかりで撤去し、たらいにハスの根を入れて埋めた。

最初の年は3輪咲いただけでしたが、翌年いくつも根が伸びそのハスの根をたらいから

出し池の底に埋める作業をした結果、池の半分ほど広がり約500輪ほどのハスの花が!

Photo_5

第二はす池には、赤色の濃いはす「誠蓮(まことはす)」が咲いています。

こちらの池のハスの開花は、これからかな?対照的な色合いがまたイイですね~!

Photo_6 Photo_7

おしゃべりしながらハスの花を愛でていたらポツポツと雨粒が落ちてきたので、最寄りの

駅までサクサク歩きとなる。ハスの花を見るベストな時間は早朝ですが、仲間とたわいの

ないおしゃべりをしながら花を愛でる時間も良いものです。

2016年6月18日 (土)

60分待ちで長谷寺の紫陽花の散策路へ

6月17日(金) 鎌倉長谷寺へ紫陽花を見に行ってきました。午前中ボランティア活動の

ウオーキング下見が片瀬地区であり、それを終了後江ノ電で長谷駅まで行く。

長谷駅で電車を降りたが、駅構内は人であふれている状態でしたので、きっと紫陽花を

見るのも混んでいるだろうなと予想はして行ったのですが、なんと1時間待ちの札が! shock

P1160293

土・日はもっと混雑すると思い、とにかく拝観券を購入。入り口で整理券を貰い境内へ。

整理券を持っている人は、当日に限り一旦お寺から出ることが出きる。(待ち時間を参考に

戻り再入場、整理券番号が過ぎていればすぐにあじさい路に入る事が出きます。

P1160294

私は、境内で観音堂はもちろん阿弥陀堂・弁天堂・大黒堂・阿弥陀堂をゆっくり散策です。

稲荷社では、明日(6月18日)行事があったのでは・・?と思いながらお詣りです。

最後に、厄除け団子を食べながら海を眺め(海から吹く風が心地よい)入場を待つ。

P1160295 P1160297 
P1160296 P1160305

長谷寺のあじさいは、今まさにピークを迎えており待った甲斐がありましたよ~!

P1160324 P1160301

色々な種類のあじさいに圧倒されながら写真を撮るのですが、なにせコンパクトカメラでは

感動を伝えることが出来ず残念です!

P1160302 P1160311 
P1160298 P1160309

あじさい路(眺望散策路)から眺める由比ヶ浜海岸は、キラキラしてとっても綺麗です。

やはり散策路を歩かなければ、開放的なこの風景を眺めることが出来ませんね。

P1160323 P1160310

あじさい路散策を楽しんだ後、和み地蔵さんと花菖蒲の写真を撮り帰路に着く。

P1160315 P1160314 
P1160316 P1160313

上野での若冲展の時の待ち時間は大変でしたが、今回は整理券対応もあり思ったほど

60分の待ち時間を長く感じず済みました。それにしても紫陽花の時期の鎌倉の混雑

スゴイですよ~!ぜひ早朝に来てゆっくり楽しんで下さい!

<追>

鎌倉三十三観音霊場でもある「長谷寺」で御朱印を頂いてきました。こっちらもやはり

混んでおり30分待ちとか・・・?ですので御朱印帳預けてからあじさい路を散策する。

P1160318

2016年6月12日 (日)

平成の大改修小田原城 「あじさい花菖蒲まつり」

6月12日(日)小田原城が、平成の大改修により外壁が白く綺麗になり、天守閣へ登る

途中に展示されている品が変わった事と、あじさい&花菖蒲が見頃とTVで放映して

いたので駅ハイ真鶴をウオーキングした後、とちゅ下車して花を愛でる散策をする。

小田原城・・・遠くから眺めたら外壁が、すっかり白くなったのでちょっとビックリ!

P1160189

駅でパンフレットを貰い「あじさいと花菖蒲」を楽しみに、お濠に架かる赤い橋を渡る。

P1160178 P1160198

常盤木橋周辺で、あじさいの群生を花菖蒲園の方から眺める。色とりどりのあじさいが

今が盛りと咲き誇っています。それにしても来場者の多さに又びっくりです。細い散策路

なのですれ違うのが大変です。色々な種類のあじさいに、写真をパチパチと大忙し(笑)

私のように、TV放映を見て来た方も多かったようです。(TVの話をしているグループも!)

P1160212_2 P1160200 
P1160195 P1160193 
P1160191 P1160192

ただ残念だったのは、花菖蒲が満開の時期を過ぎ瑞々しさがありませんでした。weep

P1160201 P1160202

常盤木門より場内へ入る。小田原城を眺めると、天守閣の回廊で大勢の人が見学して

様子が見えます。係りの人が「今日も大、勢の人が見えているんですよ!」と・・・!

P1160203 P1160204

入場料500円を支払いゆっくりと見学です。歴女の端くれとしては、楽しい時間です。

戦国大名小田原北条氏の事績や小田原合戦についての紹介など興味津々でした。

また江戸時代の小田原城の様子と徳川将軍家との関わり・宿場の繁栄なども紹介あり。

この様な顔出しのコーナーもあり、子供や男性にとても人気でしたよ。(武将の気分で!)

P1160205 P1160188_2

広場に居られた「手作り甲冑隊」の方に、「一緒に写真どうですか?」と、声を掛けて

頂いたので歴女としては、喜んで一緒に1枚パチリ。camera 今日のNHK「真田丸」でも丁度

秀吉の小田原攻めがテーマになっていましたね~。

P1160209 P1160210

あじさいの花を愛で、小田原城の歴史も知ることが出来た散策になりました。shoe

2016年5月16日 (月)

日大のバラ園まで散策

5月15日(日)研究用のバラ園が公開されている「日本大学生物資源学部」まで久しぶりに

ウオーキングです。何時も利用している駅より、一駅分歩けば(35分程)バラ園に到着。

大學の名前がついた大輪のバラ「日大グローリー」がお出迎え(?)優しい色合いのバラ!

P1150608

門をくぐると、どこからともなくバラの香りが漂ってきます。キャンパスの農場の一角にあり

「300品種900株」を栽培している研究用のバラ園は、それ程敷地は広くありませんが、

近隣の住民に愛され隠れた名所に!皆さん楽しみに春・秋に訪れ、バラを愛でています。

P1150593 P1150614

バラの名札を見ながら眺めると、バラの花を、より身近に感じ楽しく散策することが出来る

ネームを見て、思わず「リオのオリンピック」を思い浮かべた「聖火」という名のバラ(左)

右の赤いバラの名前は、なんと「オリンピックファイヤー」鮮やかな朱赤がまぶしいバラ!

P1150604 P1150601

また有名人の名が付いたバラも!左上は黄色のバラを愛培したアメリカの名優の名「ヘン

リーホンダ」・右上は、「マリアカラス」・左下が、ビートルズのポールマッカートニーに捧げ

られた「ザ・マッカートニーローズ」です。茶色の丸花弁は、「コーヒーオベーション」

P1150595 P1150607 P1150600 P1150605

こちらは音楽家の名前で、「ヨハンシトラウス」と白バラは「チャイコフスキー」です。

P1150597 P1150598

鮮やかな黄色のバラが「伊豆の踊子」で、赤は「薪能」鎌倉文学館でも栽培されている。

中国原産の花弁数が100枚超える「イザヨイバラ」や、深紅の「花がかり」は雨にも傷み

にくい強い花弁質をもつバラの花です。

P1150603 P1150620 P1150599 P1150621

下記の写真は、プリンセスの名前がついたバラの花。「プリンセスミチコ」・「プリンセス

マサコ」そして「プリンセスアイコ」。(満開を過ぎ、傷んだ花弁のバラも少しあった。)

P1150611 P1150618 P1150622

天気も良く、バラの香りに包まれて癒しを受けた散策になる。帰路キャンパス内にある

自販機で、日本大学事業部が商品化した水を購入。(富士宮市の北西にある「富士自然

教育センター」の井戸水)。まろやかな味の水でしたよ!。

P1150615 P1150617

(追) 5月12日(木)の夕方ダイヤモンド富士ならぬ「ダイヤモンド大山」をパチリと1枚camera

春霞のような薄いピンクに染まる「シルエット富士山」も綺麗でしたよ~!

P1150514 P1150516

より以前の記事一覧