2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ

花を愛で散策

2020年6月23日 (火)

ひまわり

 午後のリハビリ散歩は、日大の農場方面を目指す。途中の地元中学校前では、小ぶりのひまわりが咲いています。

 他の畑の脇には、アガパンサスが咲き、また若草色のコキアも見られ色づく秋が楽しみの一つになりそうです。

    Photo_20200623064901  Photo_20200623065001

 本日も散歩後の楽しみは、直売所で購入した新鮮な「ミニトマト」を食べる事です。(笑)

 畑の隅に「鮮やかなブルーのあじさい」が彩を添えてる畑の中の散歩道。歩くと身も心も軽くなる感じがします。

 帰路 いつもの花壇を眺めると、アリウム・ギガンチウムを眺めて深呼吸を一つするとさわやか気分満載。

 ギガンチウム・・・巨大なという意味とのこと この花を見れば納得です。!(^^)!

 Photo_20200623065101 Photo_20200623065002 Photo_20200623064902

2020年6月 6日 (土)

親水公園のアジサイロード

  6月6日(土) 午後のリハビリ散歩は、久しぶりに引地川親水公園の方へと出かける。

  引地川親水公園内には、ミニミニのアジサイロードがあり私は毎年見るのを楽しみにしております。

Photo_20200606205101 Photo_20200606205002 Photo_20200606205201

気温の高い日が続き雨が少ないので、本日のアジサイの状態は元気がないので残念です。

でも咲き始めのアジサイをアップしましたが、初々しい感じで素敵でした。

このロードより石段を登った先に地元の鎮守様の「大庭神社」があり、時折り散歩に訪れた人の

鳴らす鐘の音が聞こえるのも風情がありました。

Photo_20200606204901  Photo_20200606205001

親水公園には、大勢の人がボール遊びやテントを張り集う風景があり「3密」が気になり早々に帰宅へ。

         Photo_20200606204902 

 帰宅途中の田んぼでは、田植えも終わり青々とかぜにゆれる稲の苗に、故郷の風景を思い出すひと時・・・。

 また田んぼの周りに植えてある花しょうぶは、田に水が張ってあるので瑞々しい感じがした本日でした。

2020年6月 3日 (水)

カシワバアジサイ

     本日の散歩は、暑くなりそうなので午前中に歩きその後スーパーで食材を購入し帰宅する。

             Photo_20200603075601

     熱中症対策の「体ならし「(汗を掻きやすくする)」として、週3回ほどサクサク歩きを30分するのが

     有効と雑誌で読んだのでそれを実践。何時もの、のんびり花愛で散歩ではなくしっかりと歩きました。

     花壇めぐりも止めて、地元の地形を生かした坂道散歩です。水分補給した坂の途中で「カシワバアジサイ」を見かける。

     アメリカ原産のアジサイで園芸品種の「スノーフレーク」です。七色に変化する和アジサイも良いですが、

     このような純白のアジサイもなかなか良いもので、街で多く見かけるようになりましたね。

     Photo_20200603100701  Photo_20200603100501

     帰宅しポストを覗いたら「アベノマスク」が届いていました。たまたま先週「不織布マスク」を

     ドラックストアで購入できたので遅きに感じましたが、夫と1枚ずつ利用したいと思います。

2020年6月 2日 (火)

エンゼルトランペット(キダチチョウセンアサガオ)

        Photo_20200602160501    Photo_20200602160701

    郵便局へ用事があり出かけた帰り道、自転車置き場の隅で毎年咲いている通称「エンゼルトランペット」の

    開花の様子を見に行く。大きなラッパ型の花が特徴で「キダチチョウセンアサガオ」が正式名だが、

    遠くから眺めると、本当にトランペットみたいでまわりが香しい匂いに包まれる花です。

    近くの花壇では、「アマリリス」の鉢が並べてある場所もありパッと華やかな風景が広がる

        Photo_20200602160601  Photo_20200602160502

      近くには、ヘメロカリス(ディリリー)の色々な色の花の花壇もあります。お世話している方の個性が・・・。

                Photo_20200602160602

           これからの楽しみは、「ルリタマアザミ」開花前は針坊主状で痛く学名の

        「エキノプス(ハリネズミ)」のようですが、開くと青紫色のボールのようになります。

         まさに瑠璃色の感じのボールになる姿を楽しみにしております。

2020年5月29日 (金)

甘い香りが漂うスイカズラ

                        Photo_20200529142801  Photo_20200529215702

          本日(5月29日)は、「バードウオッチングロード」の方面を少し歩く。

          ウグイスなど鳴き声をBGMに緑のシャワーの中を歩くのは癒されます。

        甘い香りのスイカズラがそこはかとなく匂う小路。初夏に咲く花から子供が

        蜜を吸った事がスイカズラ(吸葛)という名前の由来だと聞いたことを思い出す。

        また忍冬→暖かい地方では冬でも葉が落ちないのでニンドウ(忍冬)と云われるとか・・・?

        (忍冬繋がりで帰宅後、歌手の因幡晃さんの曲(忍冬」をYouTubeで聴いてしまいました。)

        途中でキンシバイ(金糸梅)の垣根の側もゆっくり歩きの午後でした。

2020年5月20日 (水)

南ルート(リハビリ散歩コース)で見かけた花は、「ニオイバンマツリ」

     自宅から自分なりにルートを決め、午後にリハビリ散歩をしている日々です。

     本日も雨模様を気にしながら、久し振りに南ルートを歩きます。

     人と逢うことの少ないこのコースはじめの頃は、1本わき道に入ってしまい袋小路で引き返し事も・・・!

     大きな農家さんのお庭に咲く「ニオイバンマツリ」紫色だった花が、今は白い色に変化してます。

              Photo_20200520153801       

       爽やかな芳香があるブラジル・アルゼンチン原産の花で、花の色が日ごとに

       紫から白に変化するので花言葉は、「浮気な人」と聞いたことがあるような・・・?

       近くを通ると「ジャスミン」のような香りがする花です。

      Photo_20200520153901  Photo_20200520153701

      思わず足を止め眺めた「アツバキミガヨラン」1メートルほどの花茎を伸ばして釣鐘形の花を

      咲かせる様子は、遠くからでも目立ちます。葉が厚く先のとがる形は、「剣のような感じ・・・!

                  Photo_20200520153902

        ちょっとビックリ  夏をさきどり~の「小ひまわり」も見かけた午後です。 

2020年5月19日 (火)

インパクトがありますね~~❕「ブラシノキ」

        空模様を気にしながら本日(5月18日)は、夕方散歩。

        足を延ばし日本大学の周りや農場の周りを歩くことにする。

        毎年 大学構内にある春のバラを観るのが楽しみにしていたが、新型コロナによる自粛要請のため

        構内はもちろんバラ園にも入園することが出来ず、道路よりチラッと見るだけで我慢・ガマンです。

     Photo_20200519094101  Photo_20200519094201

      農場の周りを歩いていたら「ブラシノキ」の花が咲いているのを見かける。

      濃赤色の花を咲かせた「マキバブラシノキ」 インパクトありますよね。

      オーストラリア原産の樹木 長い雄しべが突き出し、まるでビンを洗うブラシに

      見えることからついた名前がピッタリの花です。

      手前には、ブルーベリーの畑とイチジクのが木が植えてある場所もありました。

      毎年 仲間と行っていた「ブルーベリー狩り」も今年は中止になりました。

      又 山形の仲間よりお誘いのあった「サクランボ狩り」も、もちろん中止しました。💧

      先日紹介した「カルミア」こんなにたくさん花が咲きまた違った可愛さのある花になっていますよ。


              Photo_20200519101901 

2020年5月16日 (土)

花壇の片隅で⇒「カルミア」が三輪輪咲いたよ!

         Photo_20200515154801  Photo_20200516091201

       久しぶりに整形外科を来院した後、ちょっと遠回りしてカルミアの上てある花壇へ・・・。

       花壇の片隅で咲き始めた「カルミア」を見かけうれしいなぁ~。

       紅色の固い蕾が膨らんで、ピンクの金平糖になりそのあと淡いピンクの花が咲く!

       メルヘンチックな「カルミア」とっても気になる皐月の花壇の花です。

2020年5月15日 (金)

散策途中に出会った花々「風鈴草」

    Photo_20200515155201  Photo_20200515154701

       暑さを避けて、夕方にリハビリ散歩です。

       TVの放送で、わが県は「緊急事態解除」にはならないとの報道。     

       感染状況を見ていると、解除にならないのは当たり前と思うがでも・・・ね~。と

       思いながら足腰の衰えを少しでも減らそうと歩きます。

       そんな時は、季節の花々に癒されます。風鈴草と呼ばれる花たち。

       鑑賞用として「カンパニュラ」⇒明治初期に日本へ来たヨーロッパ原産の花

       ラテン語で「小さな鐘」という意味のカンパニュラ まさに小さな鐘ピッタリの花ですね~。

          P1280100

            5月14日の黄砂の中の「夕焼け富士山」        

2020年5月 9日 (土)

今年も「カルミア」見っけ~~‼

       Photo_20200509160102  Photo_20200509160101

          蕾が金平糖のようにかわいい「カルミア(アメリカシャクナゲ)」の花を、花壇の片隅で見つけました。

   花が密につく(房のようにまとまって咲く)ので、咲くと豪華な印象を受ける「カルミア」

   今日現在まだ咲いていませんが、お菓子のような形をした蕾は、本当にかわいいですよ。

   もう片方の下端の片隅には、「ガーベラ」かな?黄色の花がいっぱい咲いています。

       3  Photo_20200509160201

       花壇の真ん中は、真っ赤なバラの花が咲き誇っています。この写真を仲間にLINEで送り

      「顔を見て このバラたちのように肩を寄せおしゃべりしたいね!」とコメントを添えて・・・!

      でももう少しの間、このピンクのバラのように独り立ちで巣ごもり時間ですね~。🏠

より以前の記事一覧